ハリネズミも楽ではない・・

動物

秋ですね!

温暖な日が続いても そこは早くも10月。 木々の葉も色付き、落ち葉が舞って

「ああ、秋だな〜〜」と感じさせてくれます。

まだまだ落ちていない葉。 だけど 冬の到来前に全ての葉が落ちるのです。 悲しい・・

落ち葉は集めて捨てられます。(堆肥にされます) 綺麗好きなドイツ人は 庭に落ちた葉も徹底的に掃き集めて 綺麗にしていました。

が、最近は 庭の片隅などに落ちた葉は 綺麗に掃除してしまうより そのままにしておいて、腐葉土にするといい、と言う言う考えが徐々に広まっているようです。

そして・・落ち葉を集めて置くと そこが「ハリネズミ」が冬を越す貴重な場になります。

プリンテンと言うアーヘン名物のお菓子のお店のショーウインドーにもハリネズミが!

ハリネズミは昔話にもよく登場するほと好まれている動物なのですが・・絶滅の危機にさらされています。

ハリネズミは動きがとても遅いので 車に惹かれて死んでしまう、と言うことも少なくないそう。 人間の自然破壊で 彼らハリネズミも 他の動物の例と同じく、住む場所がなくなって人間の住むところに出て来ており、そして・・車に惹かれてしまう・・

 

最近はさらにハリネズミの強敵が・・

それは お掃除ロボットならぬ芝刈りロボット。

ルンバなどのお掃除ロボットは便利ですよね。 庭を持っている人だと ドイツの庭は芝生が一面に生えている、という庭が多いので(我が家もそう)芝刈りには苦労するのですが ここで「ロボット芝刈り機」があるととても便利だろうな・・と思います。 我が家でも欲しいものの一つ。

ところが、このロボット芝刈り機で傷をおう、死んでしまうといったハリネズミが多いのだそう。 う〜〜ん、やはりロボット芝刈り機を購入するのはやめようかなあ・・

ある動物保護施設など、毎日のように傷ついたハリネズミが運ばれてくるのだそうですよ。

やはり、芝刈りは 人間が「ハリネズミはかくれていないかな?」としっかりと注意して見ながらするしかないのかなあ・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました