お天気が良過ぎたので・・サンタさんが困るかも?

ドイツの生活

11月です。 聖マルティンの日がすぎるともう「冬」の訪れが・・と言われるのですが 温暖な今年の秋も さすがに寒くなって来ました!

本日も最高気温は一桁(5度だったか)。 明日は山間部(!)は雪が降るらしいです。

が、11月も中旬というのに 雨が少ない!

去年、2017年の10月から今年の10月、この1年の月別の平均降水量を調べてみると

(データ元はこちら

グラフの青い棒はこの1年の降水量。 赤い棒は1961年から1990年までの平均降水量。

今年の1月までは むしろ例年より雨が多かったようなのに・・その後は明らかに平均より少ない降水量。 特に7月、8月は 例年の半分の量しか雨が降っていないようです。 (確かに晴天続きだった)

9月に入って、お天気の悪い日が続いたな・・と思ったら 10月にはまた秋晴れの日々が!

紅葉も美しく、外出が嬉しい秋の日々が続きましたが、って、喜んでばかりはいられない!

(大学のキャンパスでも木々の葉が色付いて綺麗!)

先日も書きましたが

雨が降らないおかげで ライン川の水量が少な過ぎて タンカーなど、物資を運ぶ船が通行に困難をきたしています。

(写真は去年、2017年3月のライン川。 水量は普通で 大きな船も余裕で走っています。)

水深が水不足のおかげで浅くて大型船が うまく走れない!  先日もケルンで船が座礁したようです。 (大きな被害はなかったようですが)

タンクローリー車で運ぶより能率が良いらしくて ガソリンはライン川を船を使って運んでいるのだそうですが、 ライン川が水不足で タンカーにガソリンを満載できないという事実が。 (まだタンカーが走れるだけ良いのかも)

そのおかげで 一度に沢山のガソリンを運べず、ガソリンが需要に間に合っていません。

ここ数週間、「ガソリンスタンドにガソリンが不足している!」と ニュースでよく耳にします。  需要と供給のバランスが取れず、需要の方が供給より多いと当然起こるのが

「値上げ」!!

 

もうこれ以上は(少なくとも急には)値上がりはしないだろう、とのことですが、 それでも去年の10月に比べたら、今年の10月のガソリン代が高いことと言ったら!

これからは寒い時期だし・・車の運転をやめて家に閉じこもろうかな・・・

ガソリンを入れるのに ガソリンスタンドを2〜3軒回らなくてはガソリンにありつけないかもしれないから、「余裕のあるうちにガソリンを入れるように」とのこと。 う〜〜ん。ガソリンが手に入りにくくなったら外出なし、かな?

ガソリンといえば、私は家に閉じこもっていても 買い物はできるけれど、そのネットショップで買ったものを運ぶのに宅配業者は車を動かさなくてはなりません。

郵便や宅配業者でも「ガソリンは使い切る前に給油すること」を意識しているようです。 それでもあまりにもガソリンがガソリンスタンドに届くのが遅れると

・・・クリスマスプレゼントの配達が遅れるかも? ね・・・

(それだけは避けるようにしているそうですが)

コメント

タイトルとURLをコピーしました