Buttermilch(バターミルク)は健康に良いらしい

ドイツの食べ物

乳製品が大好きなshirousagiです。 (うさぎではなくて牛なのだろうか??)

我が家の冷蔵庫には常に

  • 牛乳
  • プレーンヨーグルト
  • ゴーダチーズ

がありますが、 この上にさらに頻繁にあるのが(常備ではないけれど)

  • Kefia(ケフィア)
  • Buttermilch(バターミルク・ブッターミルヒ)
  • Quark(クヴァーク)
  • Frischkäse(クリームチーズ)

かな?

先日、この中のButtermilch(バターミルク)が賞味期限が切れそうになって このバターミルクを使ってケーキを焼いた、と書きました。 

このButtermilch, さっぱりしていて 我が家では特に夏になると大人気です。
どうやらダイエットに良いらしいですよ。
これから夏に向けてダイエットしたいところ! バターミルクがちょうどいいかも。

スポンサーリンク

Buttermilch、バターミルクとは

Butter(ブッター)とはバター、Milch(ミルヒ)とはミルク、すなわち牛乳です。

この言葉を聞くと バターの入った牛乳をイメージする人が多いようですね。 
かくいう私も最初に「Buttermilch」というものの存在を知った時、 てっきり こってりとした脂肪分の多い牛乳かヨーグルトに近いものかと思っていました。

スーパーで売っているバターミルクも ヨーグルトと同じような容器に入ったものが多いのです。

本当のところは バターミルクは脂肪分が1%以下しかなく、さらっとした感じの液体です。
よく日本人の方が「飲むヨーグルトみたい」とおっしゃってますが、まさしくそんな感じです。

では どうしてバターミルクという名前なのか?
それは、バターを作る過程でできるからなのです。

Buttermilchの製造方法

  1. 生乳を遠心分離機で クリームとスキムミルク(magermilch)に分離させます。
    この時できたクリームがバターを作るのに使われます。
  2. クリームを加熱殺菌してすぐに冷却。
  3. 冷却したクリームを5℃前後で熟成させます(エージングと言われる過程です)。
    この過程でクリームの脂肪分が結晶となって 脂肪球になります。
  4. このエージングされたクリームを攪拌して脂肪球と液体に分けます。
  5. この液体がバターミルク、Buttermilchです。

日本ではこのバタークリームは流通販売されていないそうですが、ドイツでは簡単に手に入ります。

Buttermilch

Reine Buttermilch と書かれているものが(上記のような)伝統的な作り方で作られたバターミルクです。

Buttermilchの栄養と体に良い訳

バターミルクの栄養は (100mlあたり)

エネルギー36kcal
タンパク質3g
脂質1g
炭水化物4g

特にカルシウム、リン、ビタミンB2、B12、亜鉛が豊富なのだそうですよ。
(まあ、牛乳からできていますから・・)

250mlのバターミルクを飲めば (大抵のバターミルクは500mlのカップに入っているので その半分ですね)

  • カルシウムは1日の必要摂取量の25%以上
  • 亜鉛とビタミンB12は1日の必要摂取量の15%以上

が取れるのだそうです。 骨粗鬆症になる前に バターミルク、かな?

他にも 良質のプロテイン、バターを作る時にクリームに乳酸菌を加えるので バターミルクにも乳酸菌が入っていて(なので酸味がある) 腸にもよく、
何と言ってもカロリーが少ないのです。

なるほど
筋肉の成長を促し(プロテイン)腸の働きを活発にし、しかも低カロリーって
本当にダイエットに適している!

この夏は バターミルク、かな?

Buttermilchの用途

我が家では そのまま飲むことが多いです。 グラスに入れてごくごく!
暑い夏はこれが一番! 
そのまま飲むのでは 味気ない! という場合は フルーツなどを混ぜてシェイクにするとか
スープにしても美味しそうです。

さらに私の前回のように ケーキの材料として(これではダイエットにはならないけど)
またはプリンなどのデザート系のスイーツに。

バターミルクをいれて焼くパンのレシピも見かけたことがあります。

ドイツだと 500mlのButtermilchが 40セント(50円)くらいから手に入るので
まだの方は是非お試しを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました