今年もヘレントルテ〜ドイツのコンディトライのケーキとパン屋さんのケーキ

ドイツの食べ物

去年、10月もおしまいに「Herrentorte」(ヘレントルテ)、訳すると「男性のケーキ」というケーキをいただいて食べた事を書きました。

あれから1年。また、なぜか我が家に「Herrentorte」がやってきましたが、チョコレートのコーディングのケーキがなかったのか? ちょっと違う物にしようと思ったのか?単なるSpaß(楽しみ、まあ、ここでは冗談)なのか?こんなカラフルなヘレントルテがやってきました。(旦那からではありません)

Herrentorte

「FÜR DICH 」って・・・「for you」という意味ですが・・・そんな年頃の人はいないし・・

これもヘレントルテを産み出したケーキ屋さん、「ハイネマン」のケーキです。

ピンクの大きなハートや、小さなカラフルなハートはマジパンでできています。マジパン、美味しいですよ!カロリーはありますが。アーモンドでできています。

マジパンのハートの下はちゃんとワインクリームが挟んである、いくつかの層になったケーキです。

生地はフワフワで柔らかいのですが、しっかりとアーモンドが使ってあって、結構食べ応えがありました。

このケーキはコンディトライ「ハイネマン」(Heinemann)というお店のものです。コンディトライとはパティスリー(洋菓子やケーキ専門店)とカフェを併設したお店の事で、ドイツではケーキ屋さんの事をコンディトライ(Konditorei)と呼んでいます。

ケーキといえば、私はショッピングや旅行中は、よくパン屋さんでケーキをいただきます。

パン屋さんのケーキは、コンディトライのケーキほどフワフワしていない物が多いですが。

パン屋さんのチーズケーキ

また、パン屋さんだと、日本の菓子パンとかペストリーのようなケーキもあって、気軽に食べれます。

近所のパン屋さんでよく買う、私のお気に入り。メープルシロップが使われていて、美味しい!コーヒーによく合います!

パン屋さんにテーブルと椅子のあるところだと、大抵セルフですが、コーヒーも一緒に注文して、ゆっくりとカフェタイムにすることもできます。要するにイートインですが(消費税が高くなるからダメ、ですか?)パン屋さんは街の至る所にあるし、入りやすいのでよく行って、コーヒーとケーキにします。

サンドイッチを頼んで、ランチにしても良いですよね。

もちろん、普通のカフェでもケーキがあるところが多いので、カフェタイムにはケーキ!です。

いかにもドイツ!なケーキだとパン屋さんのケーキっておすすめですよ。コンディトライのケーキはさすがに美味しいですけどね。

これからの寒い季節はケーキとコーヒーが欠かせない!と思うのは私だけではないはず!クリスマスのお菓子も登場しますよね。バウムクーヘンとかシュトレンとか。

・・・なので、体重計は断捨離しないけれど、しばらく見たくないなあ・・・

〜ここでお知らせ〜

ケーキを焼くのも食べるのも大好きで、週末にはせっせとケーキを焼き、旅行にいけばカフェにしっかり入る私が、ドイツのケーキについて書きました。こちらの記事もよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました