ドイツの公共放送受信料が値上がりするんですって

ドイツの生活
この記事は約3分で読めます。

日本では民放の放送局の他にNHKと言う公共の放送局がありますが、このNHKのような公共の放送局はドイツでは

  • ARD(Arbeitsgemeinschaft der öffentlich-rechtlichen Rundfunkanstalten der Bundesrepublik Deutschland)ドイツ公共放送連盟
    ここのテレビ放送はErstes Deutsches Fernsehen、通称「Das Erste」
  • ZDF(Zweites Deutsches Fernsehen)
  • Deutschlandradio(ラジオ)

さらにARD系列に地方局があり、ここNRW州には「WDR」(Westdeutscher Rundfunk Köln)があります。

ちなみにドイツの地方局、わかりやすい図がwikipediaにあるので拝借。

ARD Karte.svg
Daisy0705, Dagobert50gold, StG1990, Martin Kraft, Radiohörer – このファイルの派生元: Carte stations ARD.png SWR Dachmarke.svg map: File:Karte Bundesrepublik Deutschland.svg logos: ARD-design.de, パブリック・ドメイン, リンクによる

受信料の徴収をするのは?

前述のARD、ZDF、そしてDR(ラジオ・Deutschlandradio)はドイツに在住している人から徴収される受信料で経営が賄われています。

この受信料金はGEZ (Gebühreneinzugszentrale)が徴収していたのですが、現在は名称が変更され

ARD ZDF Deutschlandradio Beitragsservice

と(長いなあ)なっています。

受信料金はどのように決まるの?

以前、そう、PCが普及する前、ネットが普及する前はラジオを所有しているか、テレビを所有しているか、で受信料金が決定されていましたが、

現在は1世帯1ヶ月17.50ユーロ(約2000円)です。1年で210ユーロです。

ラジオだけしか使っていなくても、テレビを持っていても、PCでテレビ放送をたくさん見ていても・・・同じ料金。

ルームシェア、シェアハウスだと1世帯分だけ払います。ドイツの学生や若い独身の人たちが良くやっているWGことWohngemeinschaftだと2~3人で1世帯分なので助かりますよね。

別荘がある人はその別荘の分を、オフィスも払わなければならないのですが、この場合は特別料金だとか。

この受信料が値上がりです

その昔はラジオだけ所有していたので、月に5ユーロ程度払っていましたが、今や17ユーロ以上。まあ、PC持っているのでテレビ番組が見れたりカーラジオでWDRを聴きまくっているので受信料をムダに払っている訳ではないのです。が・・高いですよね。

この受信料が来年から月に18.36ユーロ(年間220.32ユーロ)に値上がりされることが決まったそうです。

値上げったってたった月に1ユーロ程度。とは言え、こちらも

「テレビ放送って質が悪くなったよね。なのに受信料を払うの?」と言う声が結構あるとか。

「いっそ、テレビは有料のテレビ局の放送だけにして、見たい人だけ払えば?」

なんて声も。

(どこの国も同じですよね)

まあ、ラジオは毎日のように聞いているし、テレビも・・えっと、ネットでテレビ局の放送を、年に1度の「ニューイヤーコンサートライブ」と4年に1度のサッカーのワールドカップの試合(それもファイナルだけ)しか見ないような気がしますが・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました