【片づけ】やっと空き箱を捨てる気になった

シンプルライフ

このブログではシンプルライフを目指す私、shirousagiが手放したものを時々書いています。

読み返すとこれまですでに多くのものを手放してきているのですが、それでもまだまだ手放すべきものがあるのに驚いています!

(余談ですが、手放したものを記録がてらこうして写真に撮っておいたり、書き留めておくのはおすすめです!断捨離する気がでる・・かも)

さて、夏休みでもあり、週末の本日、やっと手放したのは「空き箱」!です。

プラリーネなどの空き缶、紙袋はすでに大量に処分しました。

そう、頂き物のチョコレートの空き缶とか、プレゼントの入っていた紙袋とか。

綺麗な色や柄が入っているものも多くて、ついつい

「これ、何かにつかえるかも!」

と、保管していたのです。確かにプラリーネの空き缶など丈夫でもあり、レトロな絵柄やドイツらしい絵柄が入っているものが気に入ったり。

「これにちょっとしたものを入れてプレゼントしても喜ばれるかも」とか「この箱に名刺を入れておこうかな?」とか。

そうやって保管していても、結局は使っていないのです。1年以上放置しているものは処分してもいい!と手放しました。

そんな先日、お菓子の入っていた空き箱を発見!

小さな黒い空き箱は蓋つきで、捨てるのが躊躇われるほど綺麗なのです。中身は羊羹でした。

「この大きさ、いいわね〜〜小物入れに使いたいなあ」と一瞬思いましたが、

「でも、何入れるの?」

思い浮かびません。ここで収納できるものを増やせば物が増えるだけだし。

丁寧につくられた綺麗な紙の箱だけど、この箱は羊羹を私の元に届けるために存在したのだ!

と思い、手放しました。

たた空き箱一つに大袈裟!ですって?

この「この箱、捨てるのもったいない!」がやがて「物が多すぎ!」につながっていくのですよ・・・

空き箱と言えば、実は特に綺麗だからという訳でもなく保管していた空き箱がかなりあったのです。

それらは・・・ガジェットの箱!

私は特にガジェット類、電化製品は購入すると箱から出し、すぐに箱や梱包材を捨てずにまずは「本当にちゃんと動くか?」テストします。

だって、キチンと作動しなければ返品交換したいし、返品交換する時に箱があった方がいいではないですか。

それはいいのですが、「もう、いくらなんでも返品交換には出せないし、ちゃんと作動している!」というのに、箱だけは保存していた、という物が結構あったのです!

ここで、特に日本に住んでいるみなさまなら「メルカリにでも出す予定だから?」と思われそうですが、ここドイツではメルカリはないし、ネットオークション、フリマアプリはあるけれど、私がやろう!と思うものはないのです。

大事に大事に箱ばかり仕舞い込んでいても、場所を取るだけ!です。さっさと処分!

空き箱は古紙コンテナに捨てることができるので処分も簡単!実にすっきりしました。

しかし・・・

写真は取り損ねましたが、1年以上前に購入したお掃除ロボットの箱がまだ我が家にあったのには・・驚いた・・・

家電の箱も操作確認したらすぐ処分しよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました