コロナ新規感染者数の増加とバースディーを迎える友人

チーズケーキ 日記
この記事は約3分で読めます。

今週から2週間の秋休みを迎えた、ドイツはノルトライン=ヴェストファーレン州に住むshirousagiです。

秋休みだ!旅行だ!休暇旅行だ!

と楽しみにしていた人は多いと思うのですが、秋休みに入る直前に新型コロナ新規感染者数が急激に増えてしまいました。。。

せっかくのお休み、しかも2週間のお休み(学校だけの話だけど)ですよ。

例年なら秋休みや春休みといった2週間の休暇は

  • スペイン領マヨルカ島(ちょっとお金に余裕がある人コース)
  • オランダの海岸(親があまり時間が取れない、自家用車で出かけたい、キャンプしたい人コース)
  • ドイツのバルト海や北海(やっぱり国内が最高!という人コース)

(カッコはshsirousagiの独断と偏見!)

こう言ったところで過ごす家族が多かったと思うのですが(私の生徒家族はそう)

今年もこういったところでのんびりと休暇を過ごそう!と思っていた人は結構いたと思うのですが・・・

残念ながら、ここの州首相、アルミン・ラシェットも「この秋休みは出来るだけ旅行をしないように!」と。

いえ、言われなくても、オランダは半ばロッックダウン状態になってしまったし、マヨルカ島も結局夏ですらコロナで大騒ぎになったし、コロナ感染者の多いここノルトライン=ヴェストファーレン州からバルト海や北海に出かけたら

・・・・石投げられるかも・・・というのはないとしても、遠慮してほしいなあ、と思われかねないかもね・・・悲しいですが。

そんな明日(日本はすでに今日)、10月15日、私の友人の1人が誕生日を迎えます。

彼女は少々遠方(と言っても同じ州だけど)に住んでいるので、私はお祝いに出かけません。

それでなくても、7日間の人口10万人あたりの新型コロナ新規感染者数(7日間指数)が50を超えた街も多くなり、

そんな危険地域では パーティーは最高10人まで、2家族まで一度に集まって良い、というルールが設けられたところも。(自治体によって違うらしいけれど)

そう、バースデーを迎える友人がたとえ近くに住んでいても、お祝いに駆けつけるのはちょっと遠慮してしまうなあ。。

だって、彼女のところには遠方から両親、兄弟もやってくるっていうしね。(これ以上、集まる人の数が増やせない)

職場の同僚も祝いに来るけれど、順番で一度に皆が来ないようにしているのだとか。

一人暮らしの友人なので狭い住居だから、1人ずつ来られてもそれはそれで楽しいかも・・・ね。

そんなお誕生日の前夜、彼女は半日かけて「ケーキを焼きまくるプロジェクト!」を行っているそうです!

ブラウニー、チーズケーキ、りんごとシュトロイゼルのケーキ、そして玉ねぎのケーキ(ツヴィーベルクーヘン)を焼くのですって!

  • ブラウニーはチョコレートたっぷりですよね→高カロリー
  • チーズケーキも意外と高カロリー
  • シュトロイゼル→バターたっぷりで高カロリー
  • 玉ねぎのケーキ→ワインが進むから結局高カロリー

高カロリーなもののオンパレードなんですけど??

これはパン屋さんのケーキ

「バター、1kg買ったわよ!」と言っている彼女、小柄でスリム。

「ケーキはしっかりしたケーキが一番!私はフワフワの軽いものは好きではないの」

いいなあ・・・重量級のケーキを食べてもスリムな体型を維持できて・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました