コロナアプリに感染者登録する人が2200人ですって!〜コロナ禍の行動で思うこと

ニュースより
この記事は約4分で読めます。

今年の6月17日にリリースされたドイツの新型コロナウイルス接触確認アプリ「Corona-Warn-App」

リリースされて1週間後にダウンロードした話は以前書きました。

9月終わりか10月頃から「コロナアプリを使ってください!」という広告をあちこちで目にするようになっていましたが、私のアプリでも9月下旬から「ポジティブ判定が出た人と出会っているよ!」というお知らせがアプリに出るようになりました。

ほとんど公共の乗り物を使用せず、あまり人混みの中を歩かない私のアプリですら「コロナ陽性と判断された人と出会った」と表示されています。

出勤時間がラッシュアワーで人混みの中をよく歩いている友人は1日で5人くらいの陽性判定が出た人と出会っている、と表示されているそうです。

「コロナの検査で陽性と結果が出た人は多いのだなあ・・」

しかし、このアプリ、スマホが、例えばiPhoneだと最新のiOSでないと使えないのです。まだiPhone6を使っている友人はコロナアプリをダウンロードしたくても出来なかったとか。

それだとアプリをダウンロードできる人は意外と少なくて、アプリをダウンロードして使う人が少ないと役に立たないのでは??

と危惧していましたが、なんでも11月の現在、

2200万人の人がこのコロナアプリをダウンロードしたのですって。

ちなみにドイツの人口は約8388万人です。 人口の4分の1です。まあ役に立つくらい普及している、と言えるかな。(ドイツの全ての人がスマホを操作できる訳ではないしね。赤ちゃんも寝たきりの御老人もいる訳で)

ダウンロードしても使っていない人もいるだろうけれど・・・

で、です。1日に約2200人の人がこのアプリに

「コロナ検査で陽性と判定されました!」

と報告しているのですって!

1日に2200人

ですよ!(このニュース元はこちら

10月中旬はアプリにコロナ感染を申告した人は500人だったというのに。

1日の新規感染者数が1万人以上、2万人位の日もあったドイツ。これでは私のコロナアプリに

「感染者と出会ったよ〜〜」と出ても仕方ないかな・・・

11月10日の明け方の東の空

3月中旬にロックダウンになった時もお天気の良い日が続きましたが、今回の11月2日からのロックダウンも・・・ロックダウン開始と同時(?)に割と良いお天気に恵まれています。

幸い、庭のある我が家(いつもなら幸いとも言わないけど。庭仕事多すぎ!)、特に11月ともなると広葉樹の多い庭です。落ち葉集めに苦労するのですが、この秋は仕事は減少しているし、旅行には行けないし、で、お家時間が多いので

楽しく落ち葉集め

を、しています。

ロックダウンになって、家に籠もらなくてはならなくなったり、大学に通えなくなったり、経済的に心配(これは我が家も他人事ではない)になったりして、精神的にダメージを受け、大変な方も多いかと思います。

決して喜ばしい訳ではありませんが、こういった事態、滅多に訪れませんよね。(と願う!)

11月中はホテル業は旅行客を宿泊させるのは禁止なのに、明らかな旅行客を宿泊させているホテルが多い、というニュースが。

どういった理由で旅行しているのかわかりませんが、もし、単に「コロナだからって、いつものように旅行出来ないのはおかしい!」といつものように、単にレジャーとして旅行しているのなら・・

もっとこの状況下を特別(決して嬉しいことではないけれど)な期間として、いつもなら出来ないけれど、この状況下を(人に迷惑をかけずに)楽しむ方法を見つけて楽しもうよ!

と申し上げたいこの頃です。

状況が違うのだから、いつもとは違う事にチャレンジするとか。

ホテル業界の人には申し訳ないと思うけど・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました