お祝いでレストランで食事〜家庭の食事とレストランでの食事スタイルが日本と逆?

雑記
この記事は約3分で読めます。

先週、誕生日を迎えた友人が、バースデー祝いにランチに招待してくれました!

久しぶりにイタリアンレストランでランチ。ワクチンパスポートを持っているので、レストランへの出入りは自由!わ〜〜い!

スポンサーリンク

イタリアンレストランでのランチ

せっかくの誕生祝い、ということで、バースデーを迎えた友人が

  • スープ
  • メイン
  • 食後のコーヒー

にしよう!と、各自、どのスープか、どのメインディッシュにするか選んで注文!

私は

  • キャロットとジンジャーのスープ
  • お店オリジナルのトマトソースのピザとほうれん草のピザのハーフ&ハーフ
  • ラテ・マキアート

といただきました!おいしかったです!

本当はデザートもつけよう、という話だったのですが、皆、メインを食べたらお腹いっぱいで今回はデザートはなし。

甘いものは別腹、とも言うのにね。

半分ほうれん草のピザで、半分はトマトソースのピザ

レストランで皆で食事の時は各自、自分の食べるものを選ぶ

このイタリアンレストランのピザ、美味しいのですが、大きくて、一人分注文したら食べ切れない!のです。

それはわかっていたんだけど・・・

グループでレストランで食事をする時に、各自が自分が食べたいものを注文して、自分が頼んだものをせっせと食べる、というパターンが多いのです。

色々なものを頼んで、取り皿を用意して、みんなでわいわいと食べる、というパターンはほとんど経験したことがありません。

(まあ、コロナ禍の今は、どのみち、友人たちと大皿料理を取り合うのはやめた方が良いのでしょうが)

なので、「1人分のピザかあ・・食べきれないかも!」と少々心配に。

せめて、味の変化があるように、とハーフ&ハーフで2つの種類のピザにしました。

お子様サイズがあればよかったのにね。

フェットチーネ

ドイツの家庭料理は大皿料理

ところで、ドイツでは家庭での料理は、基本大皿料理です。

いえ、大皿にも盛ることなく、

お鍋・フライパン料理(?)

です。

各自、プレートに好きなだけメインの料理や付け合わせをとって、それからいただくというスタイル。

なのに、会食とかでレストランを利用して、数人でも大人数でも一緒に食べる時は

1人分づつ盛り付けられた料理を食べます。

もちろん、ビュッフェスタイルの食事もあるし、あらかじめレストランでパーティー用にセッティングされた食事だと大皿料理ということもあります。

だけど、お祝いとかの理由でグループでレストランに行っても、各自で好きなものを頼んで、自分が注文したものをせっせと食べるのは・・・

最初はちょっとびっくりしたなあ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

参加しています。応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました