人は未知のものに恐怖心を抱く〜バッタですけど

この記事は約2分で読めます。

人は未知のものに恐怖心を抱く

耳にしたことがある人は多いと思います。

例えば・・・(外国在住なのでよく耳にする)人種差別。

これも、自分や自分の周りにいる人とはちょっと肌の色が違う、目の色が違う、言語が違う、という点で不安になって、未知のものである外国人を恐怖心から攻撃する、とか。

スポンサーリンク

生まれて初めて大きなバッタを見て、怖い!

なぜ、本日は「未知のものに恐怖心を抱く」ということを書いているかというと・・・

庭へのドアに大きなバッタがいるのを見つけたのです!

バッタ

いや〜〜バッタですよ!懐かしい!

日本の田舎育ちの私にはバッタって珍しくもなんともないんです。

だけど、このバッタを見たドイツ人の若い女の子。

ぎゃあ〜〜!!なにこれ?

すっかりバッタに怯えた様子です。

私が素手でバッタを捕まえたら、「未確認物体」でも見るように、不思議そうな顔で私を見ていました。

バッタなら子供の頃によく捕まえていたからね。

昆虫は特に得意ではないけれど、バッタは平気よ。

バッタがどんな虫か知っている私には怖くないけれど

まさか、バッタを捕まえて驚かれるとは思わなかったのですが、あとでよく考えると・・・

大体昆虫に興味あるわけでもないし、どちらかというと苦手な彼女。

そんな若い女の子が、生まれて初めて緑色の結構大きな虫を見たのです。

  • もしかすると毒をもっているのかもしれない
  • もしかすると噛みつかれるかもしれない
  • 触ったら自分の手が汚れるのかもしれない

などなど・・知らないと不安になりますよね。そして、不安になると

怖い!

そう、

未知のものには恐怖心を抱くのです。

(まあ、日本のあのキッチンに出る虫は、知っていても怖いですが)

今年は虫が多い?

紫陽花の花にとまる蝶

私自身、30年もドイツに住んでいるのに、こんな立派なバッタはドイツでは初めて見たのです。

そこで、年配のドイツ人(田舎暮らし)の方に「ドイツにはバッタはたくさんいるの?」と尋ねてみました。

すると、

昔はよく見かけたよ。でも最近は昆虫は減ったね。バッタ、このところ全く見てないよ。」と。

私は、庭付きの今の家に住み始めて10年以上ですが、これまであまり庭に出ていないからなのかもしれません。バッタを見たのは今回が初めて。

そう、今年は昆虫をよく見かけるんです。蝶々は毎日のように見るし、トンボも飛んでいるし・・・

なんだか、嬉しいですね!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んでくださってありがとうございます!応援クリック、ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました