キノコの季節になりましたが、今年も不作のようですよ

ニュースより
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、shirousagiです。

早いもので10月。秋たけなわです。

秋といえば食欲の秋、そして収穫の秋ですね。

本日も、朝、Podcastsでニュースを聴いていたら・・・話題は「キノコ」に。

shirousagi
shirousagi

きのこかあ・・・我が家は皆キノコ類を食べるのが好きだわね

スポンサーリンク

この秋はドイツではキノコは不作らしい

ドイツでは、昨年もキノコは不作だったのですが、どうやら今年も不作のようです。

原因は8月が暑くなかった、こと。まあ2年前のような猛暑でなくて、本当に過ごしやすい夏、だったけれど、夏らしくなかったのです。

shirousagi
shirousagi

「夏終了のお知らせ」が早々と来ていたわね。

うさぎは暑いのが苦手だから、助かったけれど。

きのこがよく育つ気候は「暖かくて、充分に雨が降る」こと。

それなのに、この夏ときたら、雨は降ったけれど、集中豪雨だったし、気温は低かったし。あ〜〜暑い夏が恋しいなあ。

キノコ狩りのシーズンですが、毒キノコには気をつけて

とはいえ、秋です。自然が好きなドイツ人です。山歩きが好きがドイツ人です。

「キノコ狩りに出かけよう!」という人が結構多いらしいですよ。

キノコといえば、「毒キノコ」!ですよね。

キノコ狩りをする際の注意事項は「毒キノコを集めない!

shirousagi
shirousagi

我が家でも、一度キノコ狩りのイベントに参加したわ!

最初にレクチャーをきいて、それからせっせとキノコを探したけれど、

見つかったのは毒キノコばかりだった・・・

食べられるキノコなのか、毒キノコなのかの判断は難しいですよね。

なんでも6000種類くらいのキノコがこの世にはあるのに、本では1500種類くらい、アプリでは300種類くらいのキノコしか紹介されていないのだそうですよ。

見つけたキノコが食用によく似ていて、でも本当は毒キノコで、本には掲載されていないものだった、というケースもありそう・・・素人にはキノコ集めって、危険だわね。

おばあさんの前にだけきのこ料理があると思ったら

きのこといえば・・・

とあるドイツ人の家に住んでいた時のこと。

ランチを一緒にいただいたのですが、その時に、その家のおばあさんの前にだけ「きのこ炒め」が。

なぜかな?と思ったら

おばあさんが庭でキノコを見つけて、「これは食べれる!」っていうんだけどねえ。。。

おばあさん以外の家族は、おばあさんの見つけたきのこを食べる気にならなかったよう・・・毒キノコかもしれない!と。

そのおばあさん、その後も元気で、92歳まで長生きしたそうですよ。良かった良かった、毒キノコでなくて!

きのこ好きな友人がよく話してくれたジョーク

キノコといえば・・・
以前、別ブログに書いた、きのこ好きな友人が話してくれたお話。別ブログを閉じたので、こちらに記録!

=ある時、女性ばかり5人が死亡しているところに刑事が呼ばれて調査をすることになって 通報した人に事情聴取することになったんだって。
「この人は・・どうしたんだ??」
「はあ、キノコを食べて、毒にあたったようです」
「この人は?」
「この人もキノコを食べました」
「この3人目の人は?」
「この人もキノコを食べました」
「この4人目の人は??」
「この人もキノコを食べました」
「この5人目の人もキノコを食べたのか?」
「いえ・・・ この人は キノコを食べませんでした。食べたくないと言ったんです。だから・・」
そこへ 検死官がやってきて
「ええ、この人は頭蓋骨陥没ですね・・」
====

どうやら キノコを食べたくないと言ったばかりに殴られて・・された・・という話のようです。

キノコと毒にまつわるジョークって結構ありますね。

キノコも一度に大量に収穫したら違法なのですって

そんなキノコですが、「毒かも!」と思っても食べるというあたり、やはりきのこは美味しい!のですよね。

森にいって生えているきのこは取り放題!毒キノコか食べれるか、判断がつくのなら森に行って美味しいキノコをたくさん見つけたら

食費も浮くじゃん!

と、ケチなshirousagiは思ってしまいますが、やはり何事も行き過ぎは禁物。

きのこを一人では食べきれないほど大量に収穫して持ち帰ると・・・

それは違法!

なのですって。

大体、1人、1日で1kgくらいまで。

って、1kgもキノコを見つけられる人がいたらすごいな〜〜と尊敬してしまいますよ、私は。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました