バレンタインデーが2月にあるのは大変だ!

ドイツってこんな国!?
この記事は約3分で読めます。

2月14日はバレンタインデー💓

こちらドイツでは女性からというより、男性から女性への方が多く、
チョコレートよりも花束を贈られる、贈る人が多いのです。

そう、バレンタインデーのプレゼント、堂々の1位は花束、中でも人気は「薔薇」

スポンサーリンク

バレンタインデーには花を贈る

聖バレンタインデーは「カップルが愛を祝う日」ですものね、花といえば、

赤い薔薇一択!(赤ではなくてもいいけど)

私はピンク色のバラが好きですよ〜

で、この上の写真は我が家の庭。咲いているのは夏。撮影は5月25日です。

薔薇って冬に咲く花ではないですよね。

ドイツのバレンタインデーに向けて売られている花はほとんどが輸入

ところが、赤い薔薇をプレゼントしたくなるバレンタインデーは2月。

寒いドイツでは薔薇の花は咲きません。我が家の庭の薔薇の木も眠っているかのようです。

というわけで、ドイツでこの時期売られている花は、80%が輸入なんだそうですよ。

輸入元は(ここNRW州の場合)

  1. オランダ
  2. ケニア
  3. エチオピア

なんだそうで。

2月は花の値段が高い!

花があまり咲かない冬なのに、バレンタインデーがあるから花の需要が高い!

需要が高いと、お値段が上がる!

というわけで、例年でも2月は花の値段が大体7%位高くなるのだそうです。

なのにですよ、今年はもっと値上げ。

理由は

  • 隣国オランダの花は温室育ち。(オランダもドイツも気候は同じ)=エネルギー代の高騰
  • アフリカから輸入するには、現在、飛行機の便が少なくて、しかも高い

温室のエネルギー代(ガスとか電気とか)を節約しようとすると

花があまり咲かなくて、不作!(だったら、それはそれで、花の値段が上がるわ)

shirousagi
shirousagi

普通だったら3ユーロのバラ一本が2月には5ユーロ、そして、今年は6ユーロなんだって。

普段の倍のお値段よ。

せめて、聖バレンタインデーが5月とか6月だったらよかったのにね。

そうすればど、ドイツの一般家庭の庭だって花があって、バラの1輪くらい手に入れやすいのに。

shirousagi
shirousagi

チョコレートを贈る日本は、冬の方がいいだろうけど

夏だったら、お花の無人販売の畑で、2人で愛を語りながら花を摘む〜なんて、どうかしら??

shirousagi
shirousagi

数年前のことだけど、

ALDIっていうディスカウントスーパーでレジに並んでいたら、

前に子供連れの男性が。

そのお父さんらしき人、レジの前に陳列してある花を見て

「ああ〜明日は!よし、この薔薇を買っていこう!」っていっていたのが耳に入ったの。

いいな〜〜ディスカウントスーパーでもいいわ、

花を買ってもらえる人が羨ましい!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました