ドイツの枕にはちょっと苦労したっけ〜妄想の100日間のシンプルライフ⑨

シンプルライフ
この記事は約5分で読めます。

全くモノがない状態から1日に1アイテムだけ取り入れる、これを100日間続ける、という「100日間のシンプルライフ」

実際に行うには、家族、仕事などがあって無理なので、「妄想」で行っています。

29日目まで書いたところで、このブログに書きたいことが色々できてしまって、少々お休みしてしまいましたが、妄想は続いていました。

今回は29日目から、私が増やしたアイテムを紹介します。

(34年前にドイツに小さなスーツケース一つでやってきて、少しづつ増やして行ったモノを思い出しながら、妄想と経験を織り交ぜて書いています)

前回はこちら!

スポンサーリンク

妄想の「100日間のシンプルライフ」その9

ドイツ生活を始めたのは10月。11月に入ると寒区てお天気も悪い日が多くて、「冬眠モード」に入っていました〜

29日目・枕

毛布さえあれば、枕はなくてもなんとか生きていける!

とはいえ、やはり頭の下に何か欲しい。ルームウエアを重ねたり、タオルを重ねたりして枕代わりにしていましたが、ちゃんとした枕が欲しい!

・・・とゲットしたのが、羽毛の枕。だけど、これ、とても使いにくい!

shirousagi
shirousagi

というか、寝心地が悪い!

だけどね、30年以上前のドイツにはこのタイプの枕しかなかった。

30日目・(羽毛)布団

1日目に毛布を取り入れたので、しばらく布団は我慢していました。でも、住んでいたアパートは夜になると自動で暖房が切れたので、冬の夜は毛布だけではちょっと辛い!

shirousagi
shirousagi

しかも住んでいたのが、夏は暑く、冬は寒い屋根裏部屋!

そこで、やっと布団です。ドイツ標準の羽毛布団。ふわふわなのはいいけれど、軽すぎてちょっと物足りない〜

20年くらい前に「FUTON」がドイツで流行ったのは、羽毛布団が軽すぎるからかな?

今だとドイツでも色々な素材の布団が手に入ります。重さもお好みに合わせてチョイス。

shirousagi
shirousagi

実は軽めの布団が好きだったりする。今は羽毛布団一択

31日目・布団カバー

31日目から33日目は一度に全て欲しい、寝具カバーです。

やはり肌に当たるものは簡単に洗えるものがいいなあ。

32日目・枕カバー

布団カバーと枕カバーって、セットになって売っていることが多くて、それはそれで便利なのだけど、「規格外」な枕を持つと不便です。

ところで、私はドイツで学生をしていた時に、一時期、大学の学生寮に住んでいました。

その学生寮、シーツ交換の日があって、2週間に1回、シーツ、布団カバー、枕カバーをクリーニングしたものと交換してくれたのです。

寝具のカバーは持ち込みではなくて、寮から貸与。いつも綺麗な寝具で眠れて、便利だったわ。

33日目・シーツ

今ならシーツといえば、ボックスシーツ!というくらい、普通にお店に行くとボックスシーツしかない!

ボックスシーツでなくて、1枚の布のようなシーツを買おうを思うと、アマゾン。来客の時にはソファーをベッドにしているけれど、我が家のソファーにはボックスシーツはかけられない・・・不便!

30年前はボックスシーツ見かけなかったなあ〜シーツ交換が不便で下手な私。ホテルでシーツ交換・ベッドメイキングする人を尊敬するわ。

34日目・ヘアブラシ

ドイツに来て

全く美容院に行かない生活

をしていると、徐々に髪の毛も伸びてきます。いや、当たり前だけど。

コーム(櫛)は旅行用ポーチに入っていたので、しばらくそれを利用。でも櫛だけでは量も多く、太く、長い髪の毛をとくのは大変!

なので、ヘアブラシをゲットしにドラッグストアへ。

だけどねえ、日本人の「太い」髪をとくのに良いヘアブラシが見つからなくて、大苦戦。

仕方なく手に入れたブラシは、太い私の髪の毛には不便だったなあ。(で、結局櫛を使っていた)

その後、日本からヘアブラシを持参したけれど、それを見たドイツ人のお婆さん、「こんなので髪をといたら頭皮が痛くなりそう!」って。

ちなみに、日本から持参したというブラシはこれ。

そのお婆さんはいつも豚毛のブラシを使っていたからなあ〜

なぜドイツで美容院に行かなかったか、理由はこちら↑

28日目までに増やしたアイテムはこれ

  1. 毛布
  2. PC
  3. 全身シャンプー
  4. ルームウエア
  5. フルーツナイフ
  6. 小さなまな板
  7. スプーン
  8. スープ皿
  9. マグカップ
  10. ハミガキ
  11. オールインワンジェル
  12. ハサミ(散髪用だけど紙を切る)
  13. スカート
  14. ブラウス
  15. 赤いセーター
  16. タイツ
  17. 折りたたみの傘
  18. リュックサック
  19. ボールペン
  20. A4のノート
  21. 赤鉛筆
  22. スマートフォン
  23. タオル
  24. ポケットティッシュ
  25. 台フキン
  26. スポンジ
  27. 卓上クッキングヒーター

マイルールとして、ドイツに来た時に来ていた服、インナーやソックス、化粧ポーチに入っていたものはカウントなしにしています。

この「100日間のシンプルライフ」を妄想でやってみたいと思ったきっかけは、すでに紹介したけれど、藤岡みなみさんのこの本を読んだから。

読んでいると「私だったらこれかな?」とか、色々思いついたので、妄想の「100日間のシンプルライフ」を行っています。まだ34日目までしか書いてないのか・・・先は長いよ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました