捨てないでよかった!〜シンプルライフを目指しているけれど、捨てられなかったものが大活躍してしまった

シンプルライフ
この記事は約5分で読めます。

あまりにも不要なモノが多すぎて、せっせと片付けに励んでいるshirousagiです。

このブログでも手放したモノを報告して来ました。現在も「第2回1000個捨てチャレンジ」実行中です。

これまでに手放したモノの中で、「しまった、捨てなければ良かった」と思うものはほとんどありません。

ところが、2年以上使っていないから捨てようかな?と迷いに迷って、なのにまだ捨てていなかったものが・・・

今回大活躍することになってしまいました。

shirousagi
shirousagi

片付けのモチベーションを下げてしまうかも、な報告だけど、

こんなこともあるんだと、

良かったら参考にしてください!

スポンサーリンク

捨てようと思いつつ捨てずにいたら、今回大活躍することに

「1年間全く使わなかったものは手放そう」

断捨離で、何を手放すかの判断基準として、よく言われることですよね。

私も、クローゼットを開けて、「1年間、全く着なかった服は手放す」を原則として、手放す服を決めてきました。

そんな「1年間全く使っていないモノ」の中に、悩んで悩んで、まだ悩み中で捨てていなかったモノがあったのです。

そのモノたちが今回大活躍しています。それらは

  • ドイツのお店で買ったパジャマ
  • せっかく買ったけれど、着たらしっくりこなかったオーバーサイズのカーディガン
  • トレーニンググッズ
  • 5年以上物置にあった杖

怪我で、今まで好んで着ていた服が着れなくなった

実は5月中旬に骨折をして入院して、現在は自宅療養中なshirousagiです。

右足と右腕を骨折してしまいました。

しばらく杖がないと歩けないし、右腕を自由に動かせないので、着る服も制限を受けます。

そこで、「これもう必要ないかなあ?」とじっと考えていたのに、なぜか今まで手放さなかったモノが大活躍することになったのです。

どうしてかというと・・・

ドイツで買ったパジャマ

ドイツ人の体型に合わせて作ってあるパジャマ。

ドイツ人は肩幅が広くて胸板が厚い人が多くて、それでなくても上半身は痩せ気味な私には、ドイツで手に入れるトップスは首まわりが広く開き過ぎていて、着ていて落ち着かないものが多いのです。

なのに、ドイツのスーパーで買ったパジャマのうち、2組程捨てられずに残しておいたものがクローゼットに。

まさか、の、この「首まわりが広い」が今回は大活躍!

右上腕、肩を自由に動かせない今は、着替える時に首周りが広いととても楽だということを発見。

おかげで現在はこのドイツで買った2組のパジャマがヘビロテです。

オーバーサイズのカーディガン

4年前に日本で買ったカーディガン。そして、1年前に買ったMUJIのカーディガン。

どちらも素材が木綿でとても気に入って購入したのですが、肩幅が狭い私が着るとずりずりずり〜〜と肩からカーディガンがずり落ちてきて、落ち着かない!

どちらも購入してから1度くらいしか着ていなくて、でも素材や色が気に入っていて「着こなしたい!」と思い、捨てられなかったカーディガンなのです。

で、パジャマ同様、「回らない肩」を持った私にはこれくらい肩に余裕があって、袖もたっぷりサイズなカーディガンが

着やすい!

外出できないので、カーディガンが肩からズレても気にならないし。って、あれ?なんだかずれ落ちている気がしないのですけど?

shirousagi
shirousagi

オーバーサイズのカーディガンだと、アームホルダーを装着していても、その上から羽織れて便利だったわ。

トレーニンググッズ

ピアノを弾くので、握力を鍛えようと思って集めたこれらのグッズ。

  • ハンドグリップ
  • ダンベル1kg
  • マッサージボール

道具を買ったのはいいけれど、ほとんど使わなくて埃をかぶっていたのです。

ものぐさな私には、トレーニンググッズはあっても使わないなあ、と手放そうかと思っていました。

ところが、右腕をしばらく使えなかったので、握力がないのです。筋肉って、ほんの数日使わないだけで衰える!

理学療法士のもとでリハビリをしますが、これらのグッズでお家で少しづつ握力を鍛えたり、腕の可動範囲を広げていきたい!

クラッチ杖

クラッチ杖とはこれ。足の怪我の際の医療用は、少なくともドイツでは大抵このタイプの杖が使われています。

数年前に怪我をした時に1組2本の杖を処方してもらいました。

杖をつかずに歩ける様になってからの数年、その杖は物置に置かれたまま。

長細いものが物置にあると、どうしても邪魔で「これ、もう必要ないかな?また骨折したら処方してもらえるよね?」と軽い気持ちで考えていたのです。

で、手放そうかな?と思いつつ、物置に置いたままで・・・

残しておいて助かった!

怪我してすぐに病院へ行く時、すでに杖なしでは立ち上がれなかったんだから。

shirousagi
shirousagi

救急車を呼んでも良いケースだったけどね

だったら杖がなくても病院へ行けたけれど

モノではないけれど、解約しようとした保険も解約しなくて助かった、という今回の怪我です。

これらのモノや保険が「捨てないで〜」と私の骨をボキボキと折ったのかな??

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました