肉の価格が下がるかも?〜健康な肉を食べたい

ドイツってこんな国!?
この記事は約4分で読めます。

なんでも、ドイツの大手ディスカウントスーパーのALDIが、肉の価格を下げると発表したのですって。

先日、同スーパーが牛乳の価格を上げる、と発表したばかりなのに。

スポンサーリンク

昨年より16.5%も高い肉

今年はどこも値上げラッシュですね。

肉、ソーセージの類も既に値上げされていて、現在の肉の価格は、去年の同時期に比べたら、16.5%も高いのです。

食品一般でも、1年前に比べると約11.1%の値上げ

shirousagi
shirousagi

道理でお財布の中がすぐに空っぽになるわけよね

そんな中、ディスカウントスーパーが肉の値下げを発表したそうです。

500gの合い挽き肉が4.59ユーロから3.99ユーロ、焼きソーセージ400gが3.49ユーロから2.99ユーロとか。

shirousagi
shirousagi

10%以上も値下げだけど?

昨年の肉の価格に戻したいのかな??

ドイツの食肉の消費量は減っている

毎日のパンにのせるハムやソーセージを始め、肉が大好きなドイツの人々〜だったのに、ここ数年、ドイツの肉の消費量が減少しています。

Infografik: Fleischverzehr fällt auf 55 Kilogramm | Statista Mehr Infografiken finden Sie bei Statista

上の棒グラフは2011、2016、2021年の食肉の消費量を表したもの。

10年前は1人あたり1年間に62.8kgもの肉を消費していたのに、昨年2021年はたったの(といっても、日本人より明らかに多いけれど)55kgです。

内訳はグラフの下から豚肉、鶏肉、牛肉。まだ圧倒的に豚肉の消費量が多いけれど、ただいま絶賛減少中。(代わりに鶏肉の消費量が増えています)

これまでは肉をたくさん食べ過ぎていたかも、だけど

最近、肉を食べるのは良くない、と言われることが多いですね。よく耳にする、肉食をやめた方がいいという理由は・・・

  • 豚や牛といった家畜を育てると、地球上の二酸化炭素が増えるから→地球の温暖化
  • 命ある動物を殺して食べるなんて残酷

何をどう考えるかは人それぞれですが。。。

こちらはNRW州のある大学の学生食堂(Mensa)のベジタリアンメニュー。

肉ありのメニューもあるけれど、ベジタリアンメニューも毎日あります。(ヴィーガンではありません)

日本人に比べると、ドイツ国内の食肉の消費量は多いのだけど、だからと言って、「肉は全く食べない」は行き過ぎだな〜と思うのですよ。

そして、食肉の価格が下がれば嬉しいけれど、その価格って、適正なのかな?

安かろう、悪かろうのお肉が売られることだけは避けてほしいですよね。適正価格の肉を適量と野菜とたっぷり食べる!

健康のためには肉や魚も食べたい

5月に骨折した時に、お医者さんから質問されたのが、

「食事はなんでも食べていますか?」

shirousagi
shirousagi

肉も魚も野菜も果物も、なんでも好きで食べています!

すると、「最近は偏った食事をして、骨が弱っている人が多くなっているのです。なので尋ねました」と。

退院時にもらった「診断書」にも

この患者の食生活は極めて健康である

と、わざわざ書いてあったのです。

簡単に骨折しているけれど、食生活が原因ではない、と。

食べ過ぎはよくないけれど、アレルギーなど問題がないのなら、

健康に育った動物の肉を適量に食べて、元気に過ごしたいなあ〜

shirousagi
shirousagi

この物価高の折、

食肉の値段が下がるのはいいけれど、肉の質が下がりませんように!

(というか、質は上げるべき)

みなさまも、健康のために肉や魚も適量食べてくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました