【節約料理】おでんの大根はこうして煮る

おでん料理
この記事は約4分で読めます。

ガス代、電気代の高騰が叫ばれているドイツに住むshirousagiです。

「こうなりゃ、毎日パンとハムを食べればいいのさ〜」

な生活は送りたくないので(栄養面でも心配)出来るだけコンロを使う時間が短い料理をしていますが、それでも寒くなったら煮込み料理が食べたい!

まだ9月なのに、肌寒い日が続くようになったところで、今回はおでん風に大根と卵を煮ました。

煮込みには重い鍋が大活躍です。

スポンサーリンク

大根を煮る〜ズボラ&節約

では、大根の煮る方法です。

  1. 大根は皮を剥いて、おでん用に切って生のまま冷凍しておく
  2. 厚手の鍋におでんの出汁を用意して火にかけ、大根を冷凍のまま入れる
  3. 沸騰したら火を止め、蓋をしたまま放置

それだけ。

大根の下ゆではしません。

冷凍することで大根の下ゆでをせず、いきなりだし汁にいれて茹でるだけで大根が柔らかくなります。

shirousagi
shirousagi

とにかくガス代を節約したいので、大根のアクとか、香りとか気にしていません

おでんのだしのレシピはネットで探すと色々あるので、お好みのものを。

数分加熱した後、数時間放置した大根。

冷凍大根が苦手な場合は、調味料に大根をつけて冷凍

冷凍大根は繊維が壊れるので、どうも苦手だ、という人も多いかと思います。

shirousagi
shirousagi

私は冷凍大根は気にならないけれど、冷凍した人参は大の苦手!

そんな場合は醤油、麺つゆなどの(後で大根に使いたいおでんの)調味料に大根をつけてから冷凍保存。これを冷凍のままおでんに使います。

調味料も入っているので、便利ですよね。大根にしっかりと味も染み込むし。

厚手の鍋が大活躍!

ここで、加熱時間を節約出来るのは、やはり厚手の鍋のおかげです。

私が使用しているのは、フィスラーの(だって、ドイツにいるんだもん)これ。

中国製ではなく、少々お高いドイツ製がオススメ。重くて、女性にはちょっと使い辛いかも、だけれど、熱伝導と保温力は抜群!

フィスラーのステンレス鍋以外でも、ル・クルーゼのホーローの鍋も良いかな?と思います。

shirousagi
shirousagi

ル・クルーゼは持っていないので、実際にはわからないけれど、色もきれいで料理が楽しくなりそうですよね

厚手の鍋のデメリット

ただ、重い鍋は扱うのが本当に大変!とても大変!

洗う時、それから鍋を収める時、鍋が重すぎて悲鳴をあげています。

この鍋でパスタを茹でて、ザルに上げる時。これも大変です。

shirousagi
shirousagi

なので、腕力のない女性だったら、家族が助けてくれるかどうか、これが大事!

(私はフロアキャビネットに鍋を収めるのは家族に頼んでいます)

2日目の大根はだし汁を必要な量に減らして加熱

おでんは2日目以降が美味しいですよね。

我が家でも一度に2食分以上作っています。

で、2回目は余計なダシ汁は捨ててしまって、出来るだけ早くダシ汁が熱くなるようにしてから加熱です。

ところで、

「さっきからおでん、おでんって言っているけれど、大根と卵しかないじゃない!」と思われたそこのあなた!

正解です!

練り物が大好きなのですが、だって、高いんですよ、ドイツにはないから。

こんにゃくなら買えそうなお値段だけど、今回は諦めました。

大根と卵、これが究極の「ドイツでもコスパ良く簡単に手に入るもので作ったおでん」です。

でも、これでは単なる大根と卵の煮物だわ。そこで、ソーセージとか入れると美味しいですよ〜

shirousagi
shirousagi

ソーセージ(ウインナーソーセージ・Wiener Würstchen)は

加熱しすぎる、長時間鍋の中で放置するとまずくなるので、

食べる直前に、その時食べる量だけ鍋に入れます!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました