停電に慣れていないドイツ人?

ドイツってこんな国!?
この記事は約4分で読めます。

これをアップする9月19日、天気予報では台風14号が九州に上陸した、と伝えてきました。

被害が出ないことを祈ります。

昨日、友人が「台風のため停電だった」と知らせてきて、「そういえば、日本にいる時は停電ってよくあったよね」と思っていたら・・・

急に当たりが真っ暗!そう、ここドイツのとある町でも停電が起こったのです。

スポンサーリンク

停電になるのでは?という不安が増大している

このところ、エネルギー危機が叫ばれていて、この冬のガス代、電気代が一体いくらになるのか不安な毎日ですが、お金さえ払えば電気のある生活ができる、という保証はないようです。

急増した「停電への不安」。

そんな夜、いきなり部屋の照明が消えて、あたりは真っ暗!

shirousagi
shirousagi

え?もうドイツは電気不足??

それとも我が家にはもう電気は来ないの??

と、0.1秒くらい思ったけれど、急に電気供給ストップになるはずはない。

これは、送電でどこかでトラブったのかな?

我が家では急に家電の動きがストップすると、夜間の場合は家の前の街灯の様子を見ます。

この街灯も消えていたら、「この地区は停電」。

実は、ちょっとした停電はこれまでも何回か発生しているのです。なので驚くことはないのですが、状況が状況だけに・・・不安が募った?

停電でパニックになるドイツ人

もう夜も9時過ぎていたのに、いきなり家の前は騒々しく人の声が。

どうやら停電でびっくりして、近所の様子を見に来た人々のようです。

我が家の夫も隣人に電話して、停電の確認。

お互いに電気のブレーカーの確認もしている。

ろうそくの用意をして、私が持っていた充電式の懐中電灯を取り上げ「電池が切れたら困る!」とスイッチオフ。

そりゃ、この停電が何時間続くかわからないから、不安になるのはわかるけれど、これまでの停電の時よりパニックになってない?

・・・パニックになるのもわかるけれど。

shirousagi
shirousagi

スマホのバッテリーも20%を切っていたので、あせったけどね

「私たちが焦ってもどうしようもないし、最悪、明日まで寝てしまえば照明はいらないのに」と思ったのだけどね。

険しい顔で暗い雰囲気。軽い冗談など耳を貸してくれないドイツ人夫・・・困ったわ。

私のこれまでのドイツでの停電経験

ドイツは自然災害が日本に比べるとずっと少ないので、人々は自然災害には慣れていません。

私たちの世代だと東西ドイツ分裂は経験していても、ベルリン封鎖も戦争も経験していません。

台風も来ないし、地震もない。いきなり避難生活をということがない。

なので、家にも「非常用持ち出し袋」がありません。(少なくとも我が家では)

数年前に当時の首相メルケル氏が「10日分の食糧は備えておいてください」と言ったのですが、大抵の家だと食料品は週に何回かまとめて買う、というのが普通なので、パントリーにはいつでも10日分の食料品はあるので、「非常食を用意しなくっちゃ」と考えたこともありません。

自然災害が滅多に発生しないのもあって、停電も滅多に起こりません。

とは言っても、あるんですよ、停電。

私がドイツに来たばかりの頃は本当に停電がなくて、ドイツ生活の最初の10年は全く停電を経験してしていません。

ところが、20年位前?初めてドイツで停電を経験。と言っても数分だったけれど。

後で理由を聞いたら、本当かどうかはわかりませんが、当時はネットが普及し始めた頃だったので、

「それまでなかったネット、PCの利用で電気の需要に供給が間に合わなくなった」と。

shirousagi
shirousagi

これ、本当かどうかはわかりません。そういう噂をチラッと耳にしただけなのです。

当時は「へえ、そうなんだ」と、妙に納得。

ここ10年の間では3回以上は停電を経験しました。どれも数分程度でしたが。

学校に避難する、という事態が起こりませんように!

ところで、電気、ガスなどエネルギー不足になり、寒さで困る人や電気供給がストップした場合に備えて、州や自治体でも色々対策を立てているようです。

そして、いざという時には「学校に避難させる」とか「暖房が効かず寒さで困っている人のために学校に避難させて「暖かい部屋」を作る」などの案も出たり、消えたり。

地震で学校が避難所になる、ということはないドイツですが、エネルギー危機で学校に避難、という事態が起こりませんように!!

shirousagi
shirousagi

しかし、

これまで「停電」はドイツ語表記(Stromausfall)だったのに

今やドイツのニュースサイトを見ると「Blackout」って英語表記よ。

ドイツ語はどこへ?

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました