4年ぶりのJapan Rail Passは便利になっていた

一時帰国
この記事は約3分で読めます。

実に4年ぶりに日本に一時帰国しているshirousagiです。

私は日本に帰ると、事情があって観光旅行をしなくても日本をあちこち移動します。

それにはあの「Japan Rail Pass」を使うとお得なので、一時帰国には毎回このパスを購入しています。

今回、久しぶりの一時帰国にもこのパスを購入しました。

かれこれ30回以上購入したJapan Rail Pass。今回はこれまで不便だと思っていたことが解消されていました。

それは・・・「パスで自動検札機を通過できるようになったこと」です。

スポンサーリンク

これまでのJapan Rail Pass

2年前までだそうですが、これまでのジャパンレールパスは厚紙で出来ていました。

いかにも日本といったイラストや写真が入っていて、日本観光の思い出としてはよかったかも。

30年頃前は新幹線に富士山というイラストだったような気がします。

クーポンから引き換えてもらった「チケット」には手書きで名前やパスポート番号、スタンプで有効期限などが入っていました。

改札には人間がチェックしないと出来ないといった代物。

改札口の「裏の白い切符」という有人の改札でしか改札してもらえなかったのです。

shirousagi
shirousagi

その改札口には質問がある人、乗越をした人などでいつもごった返していて、

ただ「ジャパンレールパス」を見せるだけなのに、改札を出るのに数分以上かかったことも!

2年前から「裏が黒い切符」になっていた

こちらは今回、2022年12月に交換して手に入れたJapan Rail Pass。

そうです、普通の切符になっていたんです。

shirousagi
shirousagi

びっくりして、バウチャーをPassに交換してくれた人に聞いたら
「2年前からこの切符なんですよ」と教えてくれました

おかげでICカードのみの改札機は無理だけど、切符を入れることができる自動改札機だとOK!

これでやたら時間のかかる長蛇の列に並ばなくてもすむ!

たったこれだけの変化だけれど、Japan Rail Passがとても使いやすくなりました。

今まで通り、「ひかり」「こだま」には乗れても、「のぞみ」には乗れないけれどね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

応援クリックをありがとうございます|

コメント

タイトルとURLをコピーしました