2022年を振り返って〜卯年はこれまでにない良い年にしたい

一時帰国
この記事は約3分で読めます。

早いもので(って、定番か?)今年2022年もいよいよ残すところあと1日、そう、今日は(これをアップするのは)大晦日です。

大晦日といえば、定番の「今年を振り返る!」というわけで、波乱万丈だった、この私shirousagiのこの1年をサクッとまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

1月〜3月 まだまだ続いたコロナ禍

コロナワクチンの3回目を接種したのが1月。初めてのモデルナワクチンで発熱。

ですが、それほど酷い副反応は出なかったので一安心でした。

ロシアによるウクライナ侵略が始まり、ひまわり油をはじめとした食品の値上がり、そしてエネルギー危機が叫ばれた2月から3月。

3月に実の母が亡くなったのですが、日本に飛ぶことも容易にできず。

とにかく暗いニュースばかり。

4月〜6月 そろそろ平常運転、と思っていたら大怪我

コロナ規制が緩和され始め、ピアノレッスンでも生徒さんが戻り、音楽ライフもほぼ平常に戻りつつあったこの春。

なのに、5月に大怪我をしてしまいました。。。

6月から3ヶ月間、「9ユーロチケット」が販売されることになって、これでドイツ国内旅行をしよう、と思っていた矢先だったのに、療養生活へ。。。

7月〜9月 予定していた一時帰国をキャンセルしてひたすらリハビリ

3月にチケットを購入して予定をしっかり立てていた一時帰国。

怪我をしていても退院したし、お医者様も日本まで飛んでも大丈夫、とおっしゃってくれたのに・・・

フライトをキャンセルしました。しかも出発予定日前日に。

一時帰国せずにドイツに残り、せっせとリハビリ。

上腕の骨折の完治がこれほど長引くとは!そしてリハビリがこれほど大事だとは知らなかった!

10月〜12月 エネルギー節約、とにかく節約・・・だけど果たしたのは一時帰国

エネルギー代をはじめとして、値上がりラッシュは春には始まっていましたが、冬が近づくにつれ「暖房費の節約」が頭をよぎる毎日。

しかも、我が家にとっては12月は過酷なほどの出費ラッシュ。生き延びれるのか、一抹の不安はあるけれども、秋に予約したフライトで一時帰国を果たしました。

しかし、いくら日本の入国制限が緩和されたと言っても(ワクチン接種またはPCR検査など条件はある)本当に飛べるのか、その当日までハラハラドキドキ。

お陰様で、フライト当日まで病気にならず、某日系の航空会社にはフライト中のサポートをお願いして、無事に帰国を果たしました!

shirousagi
shirousagi

まだ骨折が完治していない私にとって、航空会社のサポートは本当に助かりました。嬉しかったです

あまり明るくなかった2022年だけど(超簡単今年のまとめ)

というわけで、今年1年を振り返ると・・・

  • ロシア・ウクライナ問題で状況不安定
  • 母が亡くなるも帰国できず
  • 大怪我
  • 値上がりに悲鳴

こうして1年が過ぎていきましたが、ありがたいことに、元気に新年を迎えられそうです。しかも日本で。

そして・・・

そう、来年2023年はいよいよ・・・

卯年!

わたくし、shirousagi(しろうさぎ)にとって、うさぎの年が悪くなるはずがない!

shirousagi
shirousagi

このブログを読んでくださった皆さま、この1年本当にお世話になりました。

来年2023年もどうぞよろしくお願いします!

みなさまにとって、2023年が素晴らしい年となりますように!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました