当サイトは記事内に広告を含む場合があります

プリン、それは一時帰国の際に必ず食べたいスイーツ

ドイツってこんな国!?
この記事は約3分で読めます。

プリンの大好きな皆様、こんにちは!

プリンって美味しいですよね〜!

先日もTVで「名古屋コーチン卵のプリン」が出てきて、思わずヨダレをタラタラと流しておりました。本当に日本のテレビ番組は食に関するものが多くて困る!

スポンサーリンク

日本滞在中には一度は食べるスイーツ

私が日本に一時帰国する時に「これだけは絶対に食べる!」と心に固く決めているものがあるのですが、その1つが

プリン

です。

今年の一時帰国でも食べました!

今回はCafé&Meal MUJI にて。コーヒーと一緒に。

一度はコンビニで買うのもプリン

一時帰国中は、おそらく日本在住だったらあまり使わないであろうコンビニにも通い、1度はプリンを買っています。

これがただいまのお気に入り。

↑6年前に購入

↑1年半前に購入。こちらはスーパーで見切り品になっていたので速攻で買った

(ドーナツが一緒に写っているのはおまけ)

以前はプリンミックスをドイツまで持って帰っていたけれど、一箱だけ持って帰ると

「この貴重な一箱。さて、いつ作ろうかな?」

と悩むのでやめました。そりゃ、10箱くらい持って帰ればいいのだろうけれど、日本から持って帰りたいものはプリン以外にもたくさんある。

ドイツのプリン(Pudding)はカスタードクリーム

ここで、「プリンって洋風のスイーツじゃん。ドイツで食べれないの?」と思ったあなた!

ドイツのプリンというのはカスタードクリームなのです。

インスタントのプリンミックスだけではなくて、プラスチックのカップに入ったプリンもあります。

これは500mlも入ったカップだけど、一人分サイズの200gのものもあります。

小さいカップのものだと、多くのものがカスタードクリームのようなプリンの上にホイップされた生クリームがのっています。

大きいカップだろうが、プリンミックスを使おうが、プリンと言ってもカスタードクリームには違いない…

プリンをミックスを使わずに作るとすると、

  • 牛乳
  • バニラビーンズ
  • 砂糖
  • でんぷん(Speisestärke、コーンスターチとか片栗粉のようなもの)

材料を見ると、ほら、カスタードクリームではありませんか!!

とはいえ、最近はあの食べ物の種類に貧しいドイツにも色々な国のスイーツがやってきて、日本で見るプリンのような食べものが手に入ります。(大抵、ちょっと高級感のあるパッケージ)

私が最初に日本のプリンのようなものをドイツで見たのは、遥か彼方大昔にスペイン料理店でビュッフェの食事をした時です。

一緒に行った日本人の友人が「shirousagiさん!日本のようなプリンがあるわよ〜!」と嬉しそうに教えてくれました。

「プリンとはカスタードクリーム」な世界に生きていたから、スペイン風のカラメルソースのかかった硬めのプリンには大感激!とてもおいしかったです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました