ドイツのトレンド2019〜この夏の休暇旅行

ドイツの生活

暑いです・・・!!

今週は暑い日が続くとか。 
しかし、後3週間ほどで夏休みです。 そう思うとこの暑さもなんのその!

学校が夏休みになると 本格的な休暇旅行シーズン。
学校に通っている子供がいない家庭は必ずしも夏に休暇旅行をしなくても良いわけですが、子供がいる、または仕事の休暇が学校の休暇と同じになる(私はそう)人には 後少しで休暇! せっかくの長期休暇が取れる時期です。
旅行しよう!

と思う人は多いのですが では旅行先は??

今年の旅行先のトレンドは 「保守的」なんだそうですよ。

スポンサーリンク

2019年の夏休み休暇旅行はいつも通りのマジョルカ島など

先日の記事でも紹介した 「これが2019年の夏のトレンド!」 (Das sind die Sommertrends 2019)という記事によると

今年の夏休みの旅行の行き先は いつも通りのマジョルカ島が人気! なのだとか。

夏の短いドイツ。夏休みは子供も楽しめて、十分に日光浴できる海岸でゆっくり過ごすのが昔から人気の休暇旅行です。その行き先は近いところでバルト海とかオランダの海岸に行く人も多いですが、相変わらず人気は 南の島!

なんとなく・・日本人がハワイに行くのと同じ感じなのかな?と思いますが。

その南の島、行き先はギリシャのクレタ島やロドス島、スペインのマヨルカ島やグラン・カナリア島イビサ島などですが、ダントツは

マヨルカ島

です。 まあ、これは以前からずっと大人気で、2-3日連休があると すぐにマヨルカ島に飛んで行く家族も結構います。 別荘をマヨルカ島に持っている人も少なくないようですね。

あまりの人気にこの島で研修を行う会社、「音楽祭」もあるようだし。 
私はまだ一度も足を運んだ事がないのですが (海岸で過ごすのが苦手)一生に1度くらいは ドイツ人の大好きなマヨルカ島に足を伸ばしてみようかな? とも思っています。

今年も 島への休暇旅行を計画中の約34%の人がマヨルカ島のホテルやフライトを予約しているのだそうですよ。

ドイツ人の今年の旅行スタイル

今年のトレンドの旅行スタイルは

  • 旅行の行き先はじっくりと考えて決める
  • 団体旅行、ツアーでなく個人旅行
  • その国の人たちが使っているレストランや宿泊先で その国で生活している人たちのように生活
  • できればその国の言語も学びたい

だそうですよ。

なるほど・・・これだと「民泊」って人気が出そうですよね。

私の知人のドイツ人も日本に友人と一緒に2人での個人旅行で民泊に泊まり、地図を片手に色々見てまわったのだとか。
ドイツに帰国してから 「楽しかったからもう一度行きたい! だから日本語、勉強しているんだよ。」と。
なるほどね。 

ドイツに日本からお客さんを迎えた時も その彼女も 「ドイツ人が普通に利用しているスーパーに行ってみたい」と言っていたし、我が息子も日本へ行くと特に観光地に行きたいというわけではなく、日本に住んでいる人と同じ生活をしてみたい、と言ってたっけ。

まあ・・私も現地のスーパー巡りは好きだなあ。

成田空港にて

問題は・・・・

飛行を使う旅行はあまり人気がないのですって。
困ったなあ・・ドイツから日本へは船や列車だと時間がかかりすぎて3週間以上の休暇を取っても目的地に行って帰って来れそうにないではないですか!

(マヨルカ島だって飛行機で行くけど)

コメント

タイトルとURLをコピーしました