「こうするべき」と思い込むと辛いよね〜どうして買い溜めするの?

ドイツの生活
この記事は約5分で読めます。

良いお天気のもと、本日もお散歩に励んだshirousagiです。

並木はないけれど、お散歩コースには桜もちらほら。綺麗だな〜〜と思わず立ち止まってしまう私って、やはり日本人?

ここから先はデータも科学的根拠もない、単なる一個人が、このコロナ騒動で感じたことを思いつくまま書いてみたいと思います。

テーマは「買い溜め」。

ドイツで、ここノルトライン=ヴェストファーレン州でコロナ感染者が出たのが2月25〜26日にかけてでした。(ニュースにより25日だったり26日だったりするので)

食料品のほとんどをオンラインスーパーで届けてもらっている私は、いつものようにその週の金曜日に翌日配達分を予約しようと思って専用アプリを開いたら・・・

予約はすでに満杯!

と言う状態。この時、「あ、本当に買い溜めが始まった?」と思ったのです。

SNSで空になった商品陳列棚の写真がアップされているのを沢山見てはいたのですが、まさか、オンラインスーパーまで。油断していた!と思いましたよ。

その頃は実際にスーパーに出かけると(少なくとも近所のスーパーでは)まだトイレットペーパーですら買い溜めで売り切れと言う状態ではなかったのです。

普通に、なんでもあるし、お客さんが一度に買う量もいつもと同じ・・・

ところが、状況が日に日にひどくなり、ついに学校閉鎖になったのが3月16日。スーパーに出かけると

「ない!トイレットペーパーがない!」

「ほ、本当にトイレットペーパーが店頭から姿を消すんだ・・・」とびっくり!(SNSで多くの人が写真をアップしていたけど・・なぜ?)

そして、噂通り、パスタやライスやパンの素がない!(または少ない!)のです。びっくり!

別に隣国と戦争をしているわけでもないし、ここは南極の果てでもないし、ドイツですよ。しかも「流通はストップさせない」とはっきり報道されているのに。(輸送用のトラックの「日・祝日のアウトバーン利用」も特別に今はOKになっているし)

なぜ??

3月22日からは「接触禁止」(外出自粛)になりましたが、スーパーへのお買い物は可能。そりゃ、感染するのが怖いとか、他人に移したら申し訳ない、と思って、外出を控えたい、買い物を控えるために1度にまとめ買いをする、と言うのはとても理解できるけれど、

それ以上に買い溜めする必要性はどうしても見当たらない!

一部の人が買い溜めをしたために、商品が足りなくなって、今度はいつ買えるのかわからないから、と言う理由で買い溜めを余儀なくされる人が増えて、ますます商品が足りない!

(私もトイレットペーパーがどのお店に行っても見当たらなくなったので、家にまだストックがあるのに買える時に買いました!といっても2パックですが)

特に多く買い溜めされた商品の中で「なぜこれ?」と思ったのが

パンミックス

です。いえ、「時間ができたから自分でパンを焼いてみたい」とか「元々このパンミックスを使っている」と言う人が買う、と言うのはわかります。

だけど、どう考えても、そういった人ばかりが買ったとは思えない!

「わあ・・コロナだ!どうしよう・・・パンがなくなったら・・そうだ、このパンミックスなら日持ちする!これを買おう!」

と、パンミックスを買い溜めした人が少なからずいるのではないかと思います。

朝食はパンだから、パンがないと困る!と。(あるいは夕食のパン)

もし、パンがなくなって、手に入らない状況になったら、バナナでも家にあるチョコレートでもケーキでも、なんでも食べればいいじゃん、と思うのですけどね。(アレルギー体質だとか、病気の人は別ですが)

本当に流通にも支障が出てきてしまって、例えばお肉が手に入らなくなったら、野菜と炭水化物だけだって生き延びれます。よね?

ドイツ政府は「食料は十分にあります」と言っています。少なくとも暫くは買い溜めの必要は全くないのでは?

それでなくても、大抵の人、家庭が1週間は生き延びれるくらいの食料ストックを持っていると思うのです。(水だけでも生き延びれるし)

日本では毎日買い物に出かける人いるかと思いますが、ドイツでは大抵の人が週に1〜2回、まとめ買いするのが普通だし。

「どうして買い溜めするのかな?」で思い出したのが、旅行の準備です。

旅行慣れをしている人の荷物は少ない、慣れていない人の荷物は多い、と言いますよね。

私も生まれて初めてドイツに飛んだ時は大きなスーツケースに沢山の衣類や化粧品などを入れて運びました。

たとえばパンツでも、日常だと1週間で部屋着に1本、外出用に1本でも過ごせるのに、旅行に出るとなると、数本のパンツにセーターやらシャツやら。

どう考えても日常で必要な量の3~4倍くらいスーツケースに詰めたのです。いざとなればドイツでもパンツは買えるのに。

いくら旅行中は外で過ごす時間が長いから、といっても、いつもの4倍もの衣類が必要になるなんて思えません。必要であれば洗濯することもできるのだし。

旅行中である、と言う特別なシチュエーションなのに、旅行中でもいつもと同じように過ごそうとしてしまうのですよね。

そして、「もしかすると、これは汚れるかもしれない」「もしかすると寒いかもしれない」と思って、余計な荷物を増やしてしまう・・・

そして、旅行中には一度も着なかった服をそのまま自宅に持って帰るのです。

無駄に荷物を運んでしまったのですよね。

旅行中に服が汚れたら洗えばいいじゃない、多少の汚れなら、旅行中なんだから気にしない、寒かったら、下着を買い足してもいいじゃない!新しいコートを買ってもいいじゃない!

パスポート(海外)とお金と健康があれば旅行はなんとかなる、と思えなかったあの頃を思い出します。

買い溜めしている人って、大抵、「必要を遥かに上回る量のものを購入」していますよね。お金もかかるのに、もったいないなあ。

トイレットぺーパーを1年分くらい(?)買い溜めして、果たしてどうするのかしらね?

コメント

タイトルとURLをコピーしました