「広告の品」の値段は広告とは違うかもしれない〜カオスなディスカウントスーパー

ドイツってこんな国!?
この記事は約4分で読めます。

ドイツには「環境に優しい」が大好きな人が多いはずなのに、いまだに紙媒体が溢れているドイツです。

そう、スーパーをはじめとしたお店の広告が、カラー印刷で毎週山のように配達される!

それも、郵便配達員が配ってくれています。

shirousagi
shirousagi

我が家の郵便受けが歩道から4メートル入ったところにあるから、

この広告がなかったら、(他に手紙がなければ)郵便配達員さんはこの4メートルを往復しなくていいのに、申し訳ないなあ。

今日も、広告のためだけに余計に歩いた郵便局の人。

その広告の中に、近所のディスカウントスーパーのものがあります。

これだけは有効期間の1週間保存して、「広告の品」がお店にあるかもしれない、とお散歩がてら買い物に行くことがあるのですが。

大体がカオスなお店なので、広告の品はないかもしれないのです。期待していくとがっかり!

本日は、お買い物にいって・・・ちょっとついてなかった1日でした。

スポンサーリンク

今週欲しかった「広告の品」

昨日は暴風注意報が出ていて、雨が降るし、風は強いし、、霰(あられ)が降っていた時も。

ところが、今日は曇りだけど、散歩はしやすそうなお天気に、近所のディスカウントスーパーまでGO!

「あったらいいな」とお目当ては、広告のこの品。

JACOBSのコーヒー500g、3.79ユーロ(約480円)

葉付き人参1束1ユーロ(約130円)

我が家のお姫様、うさぎのHAPPYの好物が人参の葉

なので、葉っぱのついた人参は毎週2回、合計3束ほどネットスーパーで注文して、届けてもらっています。

今週もいつも通り3束ほど届けてもらったのに・・・足りなくなった!

広告をみたら、今週は葉付きの人参が1ユーロと安い!

いつもは2ユーロするのですよ。この「広告の品」、あったらいいな〜〜

「広告の品」のお値段は違うかもしれない

というわけで、スーパーに出かけて、お目当ての「広告の品」探し。

コーヒーは・・・ない!(「広告の品」がないのはよくあることなので、「またか」)

人参は・・・あった!

1束ほど入れて、レジへGO!

で、ですよ、レジで支払いを済ませて、レシートを見たら

shirousagi
shirousagi

1.79ユーロになってる!!!

(広告は1ユーロってあったのに!)

やだなあ〜とても安いから、と思って買ったのに!

苦情を言おうと思ったけれど、レジの前の長い行列を見て、諦めました。

shirousagi
shirousagi

早く気がつくべきだったわね

次回はお金を払う前に確認しよう!

全く、油断ならないカオスなディスカウントスーパーだわ。(ちなみにチェーン店)

カオスなので、お値段が値札より安いこともあった

損をしてしまった本日ですが、お得だった日もあります。

それは・・・コーヒーを買った時のこと。

お目当てのコーヒーが見当たらなかったので、別のメーカーのコーヒーを手に取ったら、広告では4ユーロだったのに、値札には3.50ユーロ

安いわ、と思ってカートに入れて、レジに行くと3.20ユーロ

shirousagi
shirousagi

「わ〜〜い、80セント(0.8ユーロ)得した!」

と思ったことはすぐ忘れるけれど、

今日の79セント高かった人参は忘れないわよ!

私って、性格悪い!

ところで、

今日、このスーパーで買い物をしていたら、突然後ろから呼び止められて、振り返ると、ビールの空き瓶を持った女の人が。

「これ、デポジット瓶を回収する機械の前に投げ捨てたでしょ?」と。

どうやら、私と同じような服装の別人がビール瓶を投げ捨てたのを見たその女性、注意しようとして私に声をかけたらしいです。

で、振り向いたのがビールを飲みそうにない人間(=私)だったから、「??」になったのかな?(その女性はすぐに去って行きました)

まあ、あまり気分はよくなかったけれど、(人参事件もあったし)文句は言われなかったから、今日は良い日だったことにしよう!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました