学校閉鎖期間が延長されてしまった〜自粛生活を楽しもう!

ドイツの生活
この記事は約4分で読めます。

外出自粛期間4週間目に入ったドイツです。(25日目かな?)

新型コロナウイルス感染拡大予防で学校が閉鎖になってから5週間目。最初はとりあえずイースター休暇の終わるまで(4月19日まで)休校、という事でしたが

(予想は多くの人がしていたと思うけれど)休校は延長され、少なくとも5月3日まではお休み、になりました。

2週間延長されましたね。

5月4日からと言っても、すぐに全ての学年ではなく、徐々にだそうですよ。

そうしている間に夏休みに入るなあ〜〜

今年のここNRW州は夏休みは6月29日からです。

その夏休み前に5月6月は祝日が多いし、例年だとここで、学校もクラス旅行とかのイベントをいれて、夏休み前最後の1ヶ月なんてほとんど授業がないのだけど。

今年はどうなるのかな?

夏休み前というと、学校だけではなくて、特に野外のイベントも多いのですが、これらも8月末までは自粛のようです。

8月末までには夏休みが終わって、学校がまた始まるなあ〜〜今年の夏休みはのんびりと家で過ごすとしよう!

接触禁止は5月3日まで引き続き。外出はマスクを

3月23日から「接触禁止」(Kontaktverbot)になっているドイツですが、これも少なくとも5月3日までは続くとか。

あと2週間少々は家に籠もっていろ!との事です。

そして、規則ではありませんが、お店に行く時、公共の乗り物に乗る時はマスク着用を勧められています。

その割にはなぜか、今日行ったスーパーでは前回よりマスクをしている人がすくなかったのですが、気が緩んだかな?

何しろ自粛に入って、4週間もたちました。そろそろ気が緩んでしまう時期ですね。

コロナウイルスに感染したら・・と怖がっていた人も、怖がるのに疲れたかも。

この自粛期間にする事、した事

さて、多くのお店が閉まっているし、スーパーなどへもなるべく1人で買い物を!との自粛期間。友人にも会えません。

この期間、友人らの様子を見ると(チャットやSNSなどで)とても楽しんでいる人ととても悲しんでいる人にわかれているように見えます。

元々、家に籠るのが好きな友人らは

「(お金の心配がなければ)飲食するものとトイレットペーパー(!)とネットがあれば何日でも家にこもれる!」

と充実した毎日を過ごしているようです。

そうです、ネットのある時代でよかった!ですよね。これで外出禁止でも結構楽しめます。

田舎暮らしの私は、これを書きながら見ている景色は自粛以前と全く変わらず、「あれ?今って非常事態なのよね?」と言い聞かせている始末です。

さて、そんな私がこの自粛期間をどのように過ごしているかというと

  • 朝はキチンといつも通りに起きる(寝坊しない)
  • 仕事がなくても、外出する予定が全くなくても、着替える
  • 散歩をする(毎日良いお天気続きです!)
  • 料理に昼間からニンニクたっぷり使う(普段は濃厚接触な仕事なので〜ピアノを教える時は〜ニンニク料理なんか食べた日には生徒に嫌われる!)
  • 料理は今まであまりしたことがない料理も!(スパイスカレーを作ったり、昆布から出汁を取って味噌汁を入れたり)
  • ピアノの練習は丁寧に!生徒に聞かせる曲でなくて、自分が弾いてみたかった曲を弾く。(普段は生徒の曲選びで毎日が終わる)
  • テレビは見ないけれど(大体、持ってない)信用できるニュースを読む、聞く。(コロナ関係の最新情報は耳に入れておかないと・・いつ学校が始まるとか)
  • せっかくの春。大掃除をする(テラスと家の前を徹底的にしました!)
  • 本を読む
  • 夜は仕事をやめて(普通だと夜でも仕事)ゆっくりとドラマなんか見てリラックスタイム!おかげでこれまで見たことがない分野の映画DVDなど見れた!

毎日、起床時間と食事時間はキチンといつも通りで、寝坊したり夜更かししたりはしないようにしています。

生活のリズムだけは整えておかなくては、ね。

いつもより丁寧に家事をして、読んだことない、見たことない本や動画を見ていますよ。

(そういえば、今日、久しぶりにディスカウントストアにでかけましたが、トイレットペーパーもティッシュペーパーも、缶詰もパンミックスも、石鹸も普通にありましたよ。もう買い溜めパニックは終わったかな)

コメント

タイトルとURLをコピーしました