春が来て、ドイツはあと1週間でサマータイム〜これを廃止するのは大変かな

ドイツってこんな国!?
この記事は約4分で読めます。

これをアップするのは3月20日。本日はドイツは「Frühlingsanfang」(フリューリングスアンファング)春の始まりです。

20日は3月の第3日曜日ですね。いよいよ来週の日曜日は「3月最後の日曜日」です。

そう、3月最後の日曜日の午前3時からサマータイムです!(正確には2時がなくて3時になる)

スポンサーリンク

日の長さが夏と冬で違いすぎる!

春がもうそこまでという2月ごろから嬉しくなるのは

日が日に日に(?)長くなること!

shirousagi
shirousagi

日本にいた時は日が長くなっても、

あまり有難さを感じなかったけど

フィンランドほどではないですが、ドイツも北に位置するので、冬は日が短いです。

ちなみに・・・

ドイツはデュッセルドルフ(北緯51度)では

  • 冬至の日の日の出=8:36 、日の入り=16:27、日の長さ=7時間51分
  • 夏至の日の日の出=5:18,、日の入り=21:51、日の長さ=16時間32分

時刻は時計の時刻。と言うことは、サマータイムがなければ日の出は4時18分、日の入りは20時51分。朝、はや!

日本だと明石では

  • 冬至の日の出=7:02、日の入り=16:54、日の長さ=9時間56分
  • 夏至の日の出=4:46、日の入り=19:17、日の長さ=14時間31分

冬は日本より2時間も日が短く、夏は日本より2時間も日が長い!

shirousagi
shirousagi

ドイツの冬が憂鬱なはずだわ

タイムチェンジの廃止が計画されているけれど

このサマータイムへの移行制度(Zeitumschtellung=time change)、とても不評で、ついに2019年にEUでは「サマータイム移行制度は廃止しよう」と決定しました。

それは2021年には施行されるはず・・・だったのよね、多分・・・

ところが、実際に夏冬の時間移行を廃止しようとすると、色々な問題が出てきてしまったのですって。

shirousagi
shirousagi

ドイツだって、1959~1979年までサマータイムはなかったはずなのに

なぜ問題に?

タイムチェンジを無くするのは良いけれど、1年中採用する時間をこれまでの夏時間にするか、冬時間するかで揉めているんだそうですよ。

shirousagi
shirousagi

てっきりEUの全ての国が1年中冬時間にすると思ってた

タイムチェンジ制度が続いてもいいかな〜と思うこの頃

で、私としてはですね、もうこの際、このままタイムチェンジあってもいいんじゃね?

・・・と思っています。

もし、1年中夏時間だったら・・・冬は日の出が9時36分!ひえ〜〜遅い!

もし、1年中冬時間だったら・・・夏は日の入りが20時51分。これでもいいけど、なんだかもったいないなあ。

shirousagi
shirousagi

電気代節約というより、夜の10時すぎまで明るいのがとても嬉しいの!

夜、コンサートなどでお出かけしても、帰りも明るいって、楽しいと思わない?

意外と暖かいけれど、北に位置するドイツはここです

中学、高校と地理は得意だった、と思っていたのに、改めて世界地図を見て、

shirousagi
shirousagi

え・・・ドイツってこんなに北に位置していたんだ

と思ったshirousagiです。

ドイツは、日本より夏は2時間も日が長く、冬は2時間も日が短いとは、日本より北に位置するから仕方ない、とは思っていた。

だけど、冬は(NRW州は)あまり寒くなくて、雪もあまり降らないので、

北に住んでいることをすっかり忘れてた!

赤く塗りつぶされているところがドイツ。赤線は北緯50度(大雑把)です。

偏西風とメキシコ湾流のおかげで、ヨーロッパは緯度の割には寒くない、と何度も社会科のテストで出たからしっかり覚えているけれど、

ドイツは緯度がカナダ南部と一緒とは!というか、カナダ一部の方がここデュッセルドルフより南にある!

shirousagi
shirousagi

真冬だって日中は気温がマイナスになることはほとんどないし

雪ってなあに?と言う状態だし(NRW州の場合)

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました