Christi Himmelfahrt(キリスト昇天祭祝日)は父の日〜ピクニックも許可されました

ドイツの行事

キリストが復活したイースターから数えて40日目はChristi Himmelfahrt(キリスト昇天)で祝日です。

 十字架にかけられ亡くなったイエス・キリストが 復活するのが復活祭(イースター)。その復活祭から40日目に キリストは再び天に昇り、「父なる神」の元に戻ります。

この、キリストが神の元に戻った日が「キリスト昇天日」または「昇天祭」で イースターから数えて40日目なので 年によってその日が変わります。

(「イースター」が 「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」と言う、毎年変わる日なので 自動的に「キリスト昇天の日」も毎年変わります)

このキリストが父なる神の元に帰った日は キリスト教にとって大事な日で 、ドイツでは祝日です。今年、2020年は5月21日です。来年2021年は5月13日です。

「キリスト昇天の日」は「父の日」でもあります。
どうして「キリスト昇天の日」が「父の日」になったのか、聞いたところでは一説にはキリストがなる神の元に帰ったから、とか。

また この「父の日」と言うのは男性が集まって ハイキングをするのが風習なのです。その際に (もちろん?)ビールなどのアルコールもつきます。

キリストが天に昇る際に 弟子たちが集まったのですが「キリスト昇天の日」には 宗教上の儀式として 行列行進を行なっていました。

それが・・やがて 宗教行事から抜けだして
ビールを積んだ手押し車をおしながら 森の中を歩くハイキング
になったと言われています。

手押し車

「父の日」って「お父さん、ありがとう!」と言って子供がプレゼンを贈ると言うこともありますが、大体、ドイツでは男性が集まって山歩きしながらビールを飲む日です・・(なので 酔った人々の喧嘩も絶えない、とか)

父の日、Vatertag(Vater=父、Tag=日)と言いますが、地域によっては 「Herrentag」(Herren=男性)「Männertag」(Männer=男性)   とも言われます。

要するに 男性の日

気候の良くなる5月にたまには女子供抜きで ビールでものみながら 山歩きしよう!!そして・・仕事や家庭から離れて憂さ晴らししよう!

と言う日なのでしょう・・きっと・・・かな?

さて、5月も中旬、今年も父の日はとても良い天気に恵まれそうです!

あまりにも天気が良い日が続きすぎて、雨にもたまには降って欲しいこの頃ですが、この晴天続きの日、5月20日からここMRW州は、これまでコロナ感染対策で禁止されていたピクニックが許可されました!!

社会的距離を保って、人と人の間、1.5mの距離をあけなければなりませんが、ピクニックして良いのですって。

ハイキング(森の中、山歩き)ついでに皆で集まって食事!青空の元で食事!良いですよね。(あ〜日本のお弁当が食べたい!←作る気はない)

男性だけで集まるのではなくて、家族でピクニックだとソーシャルディスタンスも考えなくて良いから、今年の父の日は家族でピクニックかな?

するとお父さんは荷物持ちで大変かもしれませんが。え?「父の日」まで家族サービスなのか?ですって?

「キリスト昇天祭」の日は木曜日と決まっています。その翌日の金曜日はお休み(Brückentag・橋の日)にして日曜日まで4連休の会社や学校(2020年はどちらにしてもまだ通常通りに毎日学校ではないけれど)のところも多いはず!

4連休、そのうちの1日くらいは家族でピクニックしてもいいですよね!疲れは日曜日にでもとりましょう!

ドイツ人が森の中を歩き回りそうですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました