ケーキはできるだけ簡単に作れるものがいい・・かも!

ドイツの食べ物

Pfingstenの祝日を楽しんだshirousagiです。

さて・・週末や祝日で 特にお出かけの予定のない日というと・・
午後のティータイム(コーヒータイムの人の方が多いかも)にはケーキが欠かせない!ドイツです。

まあ、老若男女、ケーキの好きな人は多い!

ケーキはお店で買ってもいいけど、料理をあまりしなくてもケーキは焼ける、という人が多いので 私もドイツに来てから ドイツのレシピでケーキを頻繁に焼くようになりました。

子供が幼稚園や小学校にいっていた頃は お誕生日にはケーキを持参させたし、学校などのイベントでの「持ち寄り」でケーキを持参しなくてはならないこともあったし。
(ケーキだけではなくて、サラダとかを1品、ということも多かったですね)

チョコレートケーキやマフィンやチーズケーキをいくつかレパートリーにしておくのは必須!でした。
まあ、今は子供が成人してしまったので 「ケーキを焼いて持参しなくてはならない」というマストなシーンはなくなりましたが。

そうはいっても ケーキです。
たまにお茶の時間に自宅にいる時は ケーキも食べたい!

というわけで 最近 とても簡単なケーキのレシピを見つけたので ご紹介。

大体、ドイツのケーキのレシピは 日本のものより簡単なものが多いです。
その代わり味も大雑把で 甘さ控えめ、なんてものはないですが。
ドイツに長年住んで、ドイツ人の作るケーキを食べたり、ドイツ人の友人とコーヒータイムを過ごしていたら・・甘さに耐性ができてしまった!!

本日の簡単ケーキはこれ。

材料

  • 卵 4個
  • 砂糖 2カップ
  • 油(オリーブオイルなど) 1カップ
  • ヨーグルト 1カップ
  • 小麦粉 4カップ
  • ベーキングパウダー 1袋(15g)

作り方

材料を全てボールにいれて ハンドミキサーでしっかり混ぜて バターを塗ったケーキ型(Gugelhupf直径25cm)いれて
180℃に温めておいたオーブンで 60分焼く。

出来上がり!

何しろ直径25cmのクグロフ型(Gugelhupf)で焼いています。

クグロフ型というケーキの焼き型はこれ。

日本では直径14cmくらいが一番よくでているようですが、こちらは25cmもある型を使うので・・たくさん食べれますよ! (って、違うか)

他のケーキ型でも、天板を使う人もいるようですが こういったシンプルなケーキは クグロフ型が一番美味しく食べれて 見た目もいいかな?と思います。

この簡単なレシピを元に色々加えてバリエーションを楽しみたいなあ〜〜
今回は粉砂糖をかけただけ。
次回はチョコチップでも入れるか? 

・・・ますます甘くなりそうだけど・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました