キッチンを新しくしました〜不要品処分のチャンスです!

キッチン

先月、キッチンを新しくして喜んでいるshirousagiです。

持ち物を少なく、シンプルライフにしよう、といった考えは今やドイツでも人気です。
もともと散らかっている家が少ない、家の中はいつも綺麗にしておくのが何よりも大事だと思う人の多い国ドイツでも、最近はちょっとデパートへ行けば色々なものが手にはいるし、イベントに出かければ粗品をもらえるようになったし(私がドイツにきたばかりの頃はそういったことはあまりなかった気がします)

気がつくと、家の中には「ガラクタ」が山のよう!
ああ、このガラクタ、どうにかしなくっちゃ!

これは・・ガラクタではありませんが

キッチンを買い換えるにあたり、内装も工事しました。
その際には キッチンにある物を全て他の部屋に移動させなくてはならなかったのです。

もちろん、キッチンの引き出しや吊り戸棚などに入っていたグッズも全てとりださなくてはならなかったのです。(吊り戸棚など全て捨てるのですから・・当然!ですね)

これは、引き出しや戸棚で眠っていた物を捨てる良いチャンスです!

とはいえ、戸棚から出しながら、一品一品「これは1年以上使っていないかなあ?」とか「これはもう必要ないかな?」とか考えるのは 時間の制約もあるので(他にすることがたくさんあるので)

パッと見て「これはいらない!」と思う物はさっさと捨てて、後はとりあえず箱に入れておく。

これで 短時間でも結構な量の物を処分出来たような気がします。

  • 使いにくいティーポット(ホームパーティーを開くことになって、必要になったので急いで買ったティーポット。使いにくいので処分)
  • 丼・・2個しかない。最近はドイツでも食事に使えるボールが売っているので、無理して保存しておく必要性がなくなった。この丼に限らず、「和食を作る時に使いたい」と日本からドイツまでわざわざ運んだものがあるけれど、ドイツの食器売り場も20年以上前とは違って実に様々な物、形が売っているので 丼や小鉢には困らなくなりました!
  • 冷蔵庫についていた卵ケース
  • 同じく冷蔵庫についていた製氷皿(蓋がないので使いにくい)
  • ケーキ皿(数ありすぎ!)

などなど・・・

キッチンの内装が整い、新しいキッチンも設置されてから、キッチンに物を戻す時、これが不用品処分の最大のチャンスです!!

焦らず焦らず・・・

この時に心に決めていたことは

引き出しや戸棚のスペースは多くても80%しか使わない!

ということ!

物を引き出しにびっしり詰めたり、戸棚にぎゅうぎゅうに押し込まない!

以前の私は テレビや雑誌で インテリアコーディネーターが作った部屋などを見ても
「あれ・・この戸棚、まだまだ物が置けるじゃない!」
などと思っていたのです。 
「なぜ、こんなに隙間を作るの?」と。

私の本棚は奥行きがあるので 2列に本が入っています。
それくらい場所を「節約して」使いたかったのですが・・・

これだと、一体何があるのかわからなくなるし、第一、スペースがあるだけ物を持ってしまう!

そこで今回は新しいキッチンの戸棚や引き出しに食器等を戻す時には
「ぎゅうぎゅうすし詰め状態にしない!」を自分に言い聞かせつつ、頻繁に使うもののみをキッチに戻しました。

(まあ、人生、ここまで生きていると、徐々に自分が何を料理して、何をしないかわかってくるものですね。人生のスタイルが確定しているので 必要なものもわかりやすい!と思いましたが)

食器は白で統一、可愛いと思っていても柄のあるカップは処分。
ウサギグッズは集めたい!と思っていたけれど、全く使用しない「(ウサギの形の)エッグウォーマー」は処分!(1つしかなかったし)
キャンドル立ても処分です!(キャンドルは安全上使わないことにしました。一度危うく火事になるところだったので)

こうして お気に入り、使いまくる食器や調理グッズのみをキッチンに戻し、
残った物は、古い壊したキッチンを捨てるために業者にお願いしてある「コンテナ」に捨てます!

雨の降る日に車の窓から撮影した写真ですが・・
こんなコンテナを業者からレンタルして、家の前に置いてもらい、ここに入るだけのゴミを捨てて、ゴミごと回収してもらいます。(コンテナに入りきればどれだけゴミを入れていても同一料金です)
これほど物を捨てるのに良い機会はありません。
ガラスでもプラスチックでも陶器でも、なんでも捨てて良い、というコンテナを注文してあったので遠慮なく捨てまくります!

こうして 随分キッチンのものは減らすことが出来ましたが、それでもまだキッチンには戻っていないけれど、捨ててもいない、という物があるのです。

これらは・・毎日少しずつ「不用品処分タイム」を設けて、焦らず焦らず、でも毎日じっくりと捨てるかどうか判断して整理していますよ。

ところで・・・
私の長いドイツ生活、キッチンを購入したのはこれで(まだ)2度目です。
が、引っ越しは結構経験しています。
ドイツはシステムキッチンなので、家が変わればキッチンスペースも変わる、という訳で引っ越しの時にキッチンまで運び込めないことが多いのです。

それで・・・今の家も前に住んでいた人の使っていたキッチンを譲り受け、その前の家でも前に住んでいた人のキッチンを譲り受けました。

引っ越す際にキッチンを家に置いたまま出る方が楽ですよね。
ちなみに、本来はキッチンはついてない物件です。

キッチンを譲り受けるのは、新居でとりあえずキッチンがあり、料理できる、引っ越しでお金がかかるのに、キッチンまで買う余裕も時間もない、時には良いのですが、
大抵、譲り受けるキッチンなんて 掃除が行き届いていないものです。
譲り受ける側もタダでもらうので 「油汚れがついているからいや!」なんて言えないしね。

そんな・・あまり綺麗でないキッチンを使い始めると

「ま、いいか」でお掃除も熱が入らない。

ところが新品のキッチンだと、毎回料理の後のお掃除にとても熱が入ります!

「せっかくのキッチン! 綺麗なのを保たなくっちゃ!」と。

よし、お掃除するぞ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました