福間洸太朗ピアノリサイタル〜超絶技巧の曲でも楽しそうで好感もてました

ピアノ コンサート・オペラ

今年2019年10月4日公開された映画「蜜蜂と遠雷」の高島明石のピアノを担当され、アイスショーでフィギュアスケートの羽生結弦さんと共演されたピアニスト、福間洸太朗さんのリサイタルを聴きました。

福間洸太朗さんはこんなピアニスト

1982年8月29日東京に生まれました。5歳でピアノを始めたそうです。東京都立武蔵高等学校卒業後、ヨーロッパへ渡り、パリ国立高等音楽院、ベルリン芸術大学、コモ湖国際ピアノアカデミーにて学んでいます。

コンクールでも素晴らしい成績で賞を受けていらっしゃいます。

  • アメリカのクリーヴランド国際ピアノコンクールで日本人初の優勝、及びショパン賞を受賞
  • ヘルシンキ国際マイリンドピアノコンクールで第2位
  • サンタンデール国際ピアノコンクールで第3位入賞  など

現在はベルリン在住で、ドイツを始めとするヨーロッパ、2003年にすでにアメリカデビュー、そして日本でも活躍されていますね。

今回のプログラムのタイトルは「献呈」(Widmung)。

1982年生まれの福間さんは今年37歳。これまでの人生の半分をヨーロッパを本拠地に過ごしたそうです。4年ほどフランス、そして14年ほどドイツ。

この18年に感謝を込めて、「献呈」というタイトルのコンサートにしたとか。前半は、その14年がドイツだったのでドイツ物(バッハとシューマン)、後半はフランス物、というプログラムでした。

私はドイツ音楽が好きで、特にバッハの器楽曲、シューマンのピアノ曲が好きなので、前半をとても楽しみにしていました。

特に大好きなシューマンの幻想曲ハ長調があり、これも素晴らしく良かったのですが、後半のフランス音楽はもっと良かったですね。なんというか、フランスのエスプリ、軽やかに、自慢するわけではなく、超絶技巧の曲もサラサラっと。そして、なんと言っても楽そうに弾かれるので、演奏をみていて、こちらも楽しませていただきました。

特にご自身で編曲されたラヴェルの「ラ・ヴァルス」、演奏後に息を切らすほどの大変な曲であるにもかかわらず、そうした超絶技巧を見せびらかすわけでもなく、肩肘張らない演奏で大変良かったです。

ワイセンベルクの編曲によるシャルル・トレネの歌曲からの3曲、「街角」「あなたは馬を忘れた」「パリの4月」も素敵でしたね。このコンサートの後、パリに、フランスに行きたくなった、という友人が続出です!

会場はBechstein-Center。なので使用ピアノもベヒシュタインです。上の写真は店内のピアノです。

前半と後半、服装も変え、コンサートの後はサイン会、と楽しませてくれる姿勢も好感が持てました。

クラシックのコンサートだと服装を曲によって変えるのを「変だ!」という人もいるのですが、コンサートは一種のショウ。やはり外見でも多少は楽しませてくれるのは嬉しいものです。

アンコール曲にはさらに、今年生誕200年のクララ・シューマンが14歳の時に作曲した、と言われる曲、それからショパンも演奏してくださいました。

数年前に隣町クレーフェルドで福間さんのリサイタルを聴いているので、てっきりデュッセルドルフでもすでにコンサートを行ったことがあるのかと思っていましたが、今回が初めてだったのですね。

私はあまりフランス音楽を聞かないのですが、今回のリサイタルのフランスものは気にいったので、今年発売されたCD「France Romance」を購入。ただいま、ドライブのお供はこのCDです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました