ドイツのビール消費量は減っている〜ドイツ人の好きな飲みものは?

ドイツの飲み物

暑い日が続いたドイツに住むshirousagiです。

いや〜〜本当に暑かった。この記事が公開される2020年8月12日はドイツでももっとも人口の多いと言われるノルトライン=ヴェストファーレン州の学校の新学年の始まりなのですが、こんなに暑いとマスクして学校に行く子供たちが気の毒ですね・・・

さて、暑い夏に飲みたい飲み物といえばビール!という人も多いかと思います。

そしてビールといえばドイツ!

ですが、ドイツではビールの消費量は減少しています。

今年初めにこんな記事を書きました。

ここでドイツのビール消費量のデータがあったので紹介!

ドイツ国内での一人当たりのビール消費量・1950年から2019年(単位・リットル)

Statistik: Pro-Kopf-Konsum von Bier in Deutschland in den Jahren 1950 bis 2019 (in Liter) | Statista
Mehr Statistiken finden Sie bei Statista

2018年には一人当たり102リットル消費されていたビール、去年2019年はついに 100リットルを切ってしまいました。(99.7リットル)

ビールを飲む人、飲む量が減少した理由は前回も書きましたが、

  • ビールは太る!など健康によくないから(お腹が出るのが嫌!)
  • 高齢化(年をとるとお酒に弱くなったり、持病でお酒が飲めなくなったりしますね)
  • ビール以外のアルコール飲料が増えた(ノンアルコールだけでも色々な種類のビールが!)

それに、車を運転する人がアルコールを控えるようになった、というのも原因の一つかもしれません。

ところで、ドイツ人と言えばビール、と言われますが、実際にドイツ人がよく飲む飲み物はというと

ドイツ人が購入・消費する飲み物ランキング・2019年

2019年にどんな飲み物を購入、飲んでいるかというと

  1. ミネラルウォーター86.4%
  2. ジュース(果汁、ネクターなど)=52.5%
  3. (カフェインの入った)コーヒー45.8%
  4. コーラ40%
  5. ビール(PilsとExport)=38.4%
  6. ティー28.9%
  7. 赤ワイン28.4%
  8. 白ワイン25.4%
  9. ゼクト(シャンパン)=22.4%
  10. ファンタ、レモネード、スプライトなど=21.1%
  11. ヴァイツェンビア、ヴァイスビア15.3%

データ元はこちら

ビールと言っても様々な種類があり、このデータではWeizenbier(ヴァイツェンビア)とWeißbier(ヴァイスビア)を分けています。

とは言え、ビールは堂々の5位

世界で一番よく飲まれている、と言われるお茶、ティーはドイツでは6位と低いですね。やはりコーヒーの国、です。コーヒーは3位!

私の経験でも仕事上などでいただく飲み物は圧倒的に

ミネラルウォーター か コーヒー

です。

これ以外の飲み物が出てきた事がほとんどない!

ドイツ人の友人や知り合いの家に日中に訪問すると大抵、コーヒー、それからミネラルウォーターをいただきます。

たまに風邪で咳が出ていると、「ハーブティーにしましょうか?」とお茶を出していただくことがありますが、それがちょっとかび臭かった事も。きっと滅多にお茶を飲まない家庭だったのでしょうね。

と言っても、ドイツにも様々な種類のお茶が売られています!

話をビールに戻しますが、

ビールの消費量は減少傾向ですが、ビール醸造所はどんどん増えているのですって。

多くの小さな醸造所がクラフトビールを作っているそうですよ。

人間同様、ビールも個人で個性の時代、かしら?

コメント

タイトルとURLをコピーしました