家の外壁は白がいい?それともレンガ?〜外壁塗装

ドイツの生活

ドイツからこんにちは!shirousagiです。

私が最初に住んだドイツの街は南ドイツだったので、家は白い壁でバルコニーのプランターには赤い花が植えられていました。

そう、白い壁!憧れの家だったのです。(もちろん、その家は私の持ち家ではありません。下宿先の家でした)

残念ながらその当時の家の写真がないのですが、言ってみればこんな感じ。

実はこの写真はウィーンのミュージアムなのですが。

白い壁、バルコニーは木製で手すりにあるプランターにはゼラニウムの赤い花が咲いている・・・と言ったお家が私の理想!でした。

その白い壁の家に住んでいたドイツ人のお母さん、「白い壁はいいのだけど、定期的に塗り直さなくてはならないのよ!大変だわ!」と。

そうか・・白い壁は確かにすぐに汚れるよね・・・それにしても、ドイツの白い壁のお家、どの家も綺麗に白くしているなあ・・

そんな白い外壁の家に憧れた私でしたが、南ドイツから引越しをして定住先はオランダ近くに。

オランダはレンガの外壁の建築物が多いのです。

オランダ、ハールレム

上のHaarlemの写真は私が初めてオランダに行った時に撮影したもの。(だから30年くらい前です)今でもオランダにはレンガの外壁の建物が多いです。

オランダに近いこの辺りもこんな外壁の家が多し!

南ドイツから今住むデュッセルドルフまで引越して、景色を見た時、

「白い壁の家が少ない!レンガばかり!暗い!」

と少々不満でした。

その上、見つけた家もレンガの壁。ショック!白い壁ではないのだ。。。

さすがに20年以上も住むと、もう「レンガの外壁は暗いなあ」と思うこともなくなり、レンガの外壁でも良いか、と諦めに近い心境です。というより、外壁って家の中にいると目に入らないですよね。

いくらレンガの外壁の家が多い、と言っても白い壁のお家もあります。

私の知り合いの1人が住んでいる家もそうで、先日その知り合い宅を訪問するとちょうど外壁の塗装中!

この写真は知り合いの家ではないのですが、その近所にたまたま外壁の塗装をしているところがあったので撮影しました。

足場を組み、窓をカバーして(窓にペンキがついたら困りますよね)ペンキ塗り。

外壁は白とは限らず、カラフルな家の続く通りもあります。

これらの外壁も定期的に塗装しているのですよね。見た感じ、とても綺麗です。

この建物も外壁の塗装を行うようです。足場が組んであります。

白い外壁の塗装中の家に住んでいる知り合いの彼女、「少しの辛抱だけど、ペンキの匂いが辛いわ・・」と窓を閉め切って生活していました。

ペンキの匂いは数日の我慢だろうけれど、外壁の塗装ってお金もかかるし、大変ですよね。

やっぱり、塗装の必要がないレンガの外壁の家で良かったかな・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました