営業再開したIKEAのレストランに行ってきました

ikea IKEA
この記事は約3分で読めます。

3月中旬からコロナ禍で営業停止していたIKEAも5月には営業再開。そんなIKEAに7月に一度行きましたが、その時はまだコロナの衛生対策からレストランは営業していませんでした。

ふとネットで調べると、どうやらいくつかのイケアでレストランを試し営業して、その結果がよかったらしく、ドイツのほとんどのIKEAでレストラン営業再開した、との事。

「これは・・・行ってみるしかない!」

と秋の穏やかなお天気の本日、IKEAまでドライブへ!

私の行きつけのIKEAは2017年に引越して広い売り場面積を持つKaarstの店舗です。

店舗自体は午前10時から営業していますが、レストランの営業は現在は11:30から。朝食がありません。

レストランの入り口には他の飲食店同様、消毒液のディスペンサーがあり、それから受付が。

受付で「手を消毒は済ませましたか?」と尋ねられました。他のレストランでは尋ねられた事はないのですが。(ディスペンサーの存在を見逃して、消毒せずにお店に入った事もある・・・)

規則でレストランの客は名前、連絡先を書かないといけませんが、ここでも同様。受付のお姉さんに連絡先を書き込む用紙とペンをもらいます。

着席するテーブルは指定されていて、テーブル番号の書かれた紙も渡されました。

「名前と連絡先はテーブルでゆっくり書いて、レストランを去る時にこの箱に入れてくださいね。テーブル番号の紙はそのままテーブルに置いて帰ってくださいね」

4人がけのテーブルでしたが使用は2人まで。

テーブル番号の書かれた紙が置いてあって、お客さんがいないテーブルは掃除をする人が消毒して番号札を受付に戻しているようです。

イケアに行ってレストランに行く目的の一つは

広い店内を歩き回って疲れてコーヒーが飲みたいから!

なのです。

そこでケーキとコーヒーを!コーヒーはIKEA Family会員は無料で、これまでは何杯でもおかわりできましたが、今は1杯だけ。いつも通りコーヒーなどの飲み物はカップだけレジまで持って行って、後はセルフでコーヒーを入れるのにはちょっとびっくり。

コロナの衛生基準でセルフはダメなのかと思っていました。ただ、カップの使い回し予防なのかな?おかわりが飲めない・・・いつもなら2杯くらいは飲んでいるのに。

ケーキもいつも通りにケースから自分で取り出してレジに持っていきますが、ラップがかかっていました。カトラリーも入って。

デザートやサラダによってはカラトリーがナプキンで包まれて入っているものもありましたが、私が食べたのは写真の通り。

コーヒー用のスプーンはレジの人がつけてくれましたよ。使わなかったけど・・・

無造作に置かれたスプーンだわね・・・

暖かい食事はいつものように係の人がお皿にいれてくれますが、そのお皿に蓋(レンジフードのような)をして渡されています。もちろんお店の人はマスク着用。

食事をお皿に入れてくれる人は、コロナが収束してもマスクして欲しいなあ・・・と思ってしまいますね。お店のスタッフはお客さんと話すから、せめて食事を盛り付ける時はこれからもマスクしていてくれた方が衛生的に安心できるなあ。感染症だけではなくて。

ずっとマスクして!とは言わないけれどね。

平日のお昼、しかもレストラン使用が少々面倒になっているとはいえ、結構多くのお客さんが来ていました。

朝食はいつ復活するのかなあ?

これは本日の収穫品。

靴を整理していてボックスが欲しいなあ、と思っていたのでSKUBB(スクッブ)シューズボックスとキッチン小物を購入です。

本日のお買い物も満足ですが、店内のレイアウトが少々変わっていて、ちょっとお目当ての物の置いてある場所を探したなあ・・・

(※アイキャッチのIKEA店舗入り口の写真は2018年撮影です)

コメント

タイトルとURLをコピーしました