このチョコレートは美味しいのだけど、あの有名メーカーチョコに似ていると思うの

ドイツの食べ物
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、相変わらずチョコレートを食べることがやめられない、ドイツに住むshirousagiです。

どうせチョコレートを食べるのなら、毎回(毎日ではない!)違ったチョコレートを買ってきて食べよう!

と思いついて、せっせと(せっせと食べない方がいいけど)色々な種類のチョコレートを食べています。

で、今回いただいたのはこちら。

Moser Roth「Nougat “n”Crisp」

そう、私の好きなチョコレートブランド「Moser Roth」(モザ・ロート)のチョコレートです。

Moser Rothのチョコレートって、ディスカウントスーパーのALDIで売っているチョコレートなのですが、ディスカウントスーパーで売っている割りにはお値段はそこまで安くなく、でも質が良いのでコスパが最高!

その中のこれ、Nougat n Crisp 。

ヌガークリームにバターラングドシャの粒、krokant(クロカント)と呼ばれる、ナッツのお菓子を細かく砕いたものが入っている、というもの。

バターラングドシャって、日本の某製菓メーカーの「ルーベラ」が懐かしい。

このチョコレートを食べると、「ああ、あのクッキー(ラングドシャの事)が入っているな〜〜とわかります。

チョコレート

私はヌガークリームって実はあまり好きではないのだけど。大抵甘すぎるから。

このチョコレートは許せる!

チョコレート

Moser Roth 「Cookies & Cream」

「Nougat “n” Crisp」と同じシリーズのこれ、今度は

「Cookies & Cream」

このクッキーはあれだな、某製菓会社の「オレオ」!

チョコレートCookies & Cream

このチョコレートもミルクチョコの中に、クッキーの粒とバニラクリームを入れたもの。

まあ、パッケージを見ればわかるけど。

歯応えがあるものが結構好きな私としては、クッキーの粒が入っているのは嬉しい!

このクッキーの粒がもっと大きいい方が良い、というコメントを読んだ事があるけれど、私にはこの大きさが良いな〜〜

チョコレート Cookies & Cream

こちらで紹介した「Strawberry & Cheesecake」もこの2つと同じシリーズ。

私はナッツやクリスピーな物が好きだから、ストロベリーチーズケーキより今回紹介した2つのチョコの方が美味しいと感じました。

ちょっと細長い箱に入っていて、1箱が(ドイツというのに、珍しく100gでなくて)75g。食べすぎなくていいわ。って、一気に一箱食べると危険だけど。

ところで、このモザ・ロートの合計3種類のチョコレート、

あのこれまた私の好きなチョコレート、Lindt(リンツ)のこのHelloシリーズに似てるな〜〜と思っているんですよ。

これなんか、名前も「Cookies & Cream」で、モザ・ロートと同じだし。

まあ、クッキーの種類が違うけどね。

こちらもストロベリーチーズケーキって、同じ。(以前の記事で紹介したチョコレートです)

このリンツの「Hello」シリーズが出た時に

「え?英語じゃん。なんだか高級感ないなあ」なんて思ってしまいましたが、モザ・ロートも英語使用。

時代かな?

おまけに、最近、どこでもストロベリーチーズケーキって、いかにも「ドイツのチーズケーキ代表がストロベリーチーズケーキ」みたいだけど、ドイツではこのケーキ、あまり見なかったのにね。(おしゃれなカフェにはあるけれど)

ところで

チョコレートといえば、あの日本のチロルチョコ!日本に帰るといくつか買ってきます。芸が細かいですよね。

きなこもちなんか感動!

色々な種類のチロルチョコがあって何気なく食べていたけれど、その舞台裏には開発する人の苦労があるのですね。

コミックエッセイを読むのが好きで、舞台裏を見るのが好きな私には興味深く面白かったです。

チロルチョコで働いています お菓子メーカーの舞台裏お見せします (コミックエッセイ) | 伊東 フミ, チロルチョコ株式会社 | マンガ | Kindleストア | Amazon
Amazonで伊東 フミ, チロルチョコ株式会社のチロルチョコで働いています お菓子メーカーの舞台裏お見せします (コミックエッセイ)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

KindleUnlimitedに入っているので、会員だと追加料金なしで読めますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました