ドイツの甘味〜てんさい糖シロップ(Zuckerrübensirup)

ドイツってこんな国!?
この記事は約3分で読めます。

甘い物が大好きな人の多い国、ドイツ。

ここはビールの国というより砂糖の国ではないか?と思ってしまうほど甘党の人が多い気がします。

そんなドイツ人の砂糖の消費量は年間33〜38kgだとか。ちなみに日本はその半分以下の16.2kgです。

そんな、甘党が多い国ドイツの砂糖は「甜菜(てんさい)」から作られているものがほとんど。

shirousagi
shirousagi

ドイツは寒いからね。

北では甜菜、南の国ではサトウキビで砂糖が作られているわ

この「甜菜」のシロップ、「甜菜糖のシロップ」も人気です。

スポンサーリンク

てんさい糖のシロップ・Zuckerrübensirup

私が住んでいるここNRW州はドイツでも甜菜の栽培が盛んで、我が家の近くの畑でもよく甜菜が植えられています。

この甜菜てんさいZuckerrübenツッカーリューベン)から作られたシロップも人気です。

特に有名なのはこれ。

GrafschafterのGoldsaftという商品名で売られているもの。

shirousagi
shirousagi

他のメーカーもあるし、農家で直接買えるてんさい糖シロップもあるの

パンに塗ったり、カルトッフェルプッファーにも

このてんさい糖シロップは、ドイツだと一番よく使われるのは「パンに塗る」

だからスーパーなどでは、てんさい糖シロップはジャムなどスプレッドが置いてあるコーナーにあります。

パンにバターを塗って、その上にてんさい糖シロップ。

てんさい糖シロップは18℃で流れ落ちない位の硬さになるように作られているのですって。

あの、日本でも有名になったジャガイモのパンケーキ「カルトッフェルプッファー」にも合います。

クリスマスマーケットの「Kartoffelpuffer」の屋台にもあったてんさい糖シロップ。

それから、私はヨーグルトにかけて食べています。

てんさい糖シロップを食べ過ぎに気をつけたい

このてんさい糖シロップ、オリゴ糖が含まれていて健康だと言われたり、いや、不健康だと言われたりしているようですが・・・

真っ白なグラニュー糖のように「やたら甘い」というわけではなく、甘さ以外の味もあって、なかなか美味しいと思います。

でも、砂糖は砂糖!食べ過ぎるとカロリーが気になる!

ストレートな甘さでないだけに、ついついパンの上に塗り過ぎたり、デザートにかけ過ぎたり。すると糖分取り過ぎ、カロリー摂取し過ぎになってしまいますよね。

shirousagi
shirousagi

黒っぽい色っていうのも健康そうに見えてしまうのよね。

糖分の取り過ぎには気をつけよう!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました