海外に住む人にはブログを書くのがオススメだと思う5つの理由

雑記

11月も中旬になりましたね。ここドイツは11月頃から急に暗く、そして寒い日が続くようになります。

北欧ほどではありませんが、暗い日が続くと「鬱」になりやすいですね。また、お酒に走る人も増えます。

寒い日にはホットワインなど美味しくて体も温まって良いのですが、それでも飲み過ぎには気をつけたいもの!

こんな寒い、暗い日が続くと、

文章を書くのが苦痛にならない人はブログを書くと良いかも!

と思います。

特に海外に在住している人には、ブログを書くのが良いと思う理由を述べます。
(ブログで稼ごう!となると、海外在住は必ずしもメリットにはならないのですが、自分のため、には良いと思う理由です)

私はドイツに住んでいるので、滞在国をドイツとして書きますが、他の国でも当てはまると思いますよ。

スポンサーリンク

その国の言語や行事・伝統などに詳しくなれる

せっかくドイツに住んでいるのです。海外在住が珍しくなくなったとはいえ、日本人のうち、何%の人がドイツに住んでいるのでしょう?
言ってみれば、貴重な経験をしている、ともいえます。

ここで、折角住んでいる国の言語や行事を知らずにすますのは、なんとも勿体ない!と思います。

とはいえ、外国語を使って、住んでいる地域の行事を調べたり、住んでいる国の言語を勉強するのは、本当に大好き!でなければ、辛いです。(面倒です←本心)

でも、ブログを書こう!と思うと、

  • その言語についての勉強をする(資料を読むためにも)
  • その地域の行事について、調べる
  • その地域の行事に参加する勇気が湧く(たとえ日本人1人でも)

昨日は「聖マルティン祭」について書きましたが、ググれば「聖マルティン祭」について書いてあるサイトが日本語でもあります。が、もっと詳しく、またはオリジナリティーを出したい、最新情報を書きたい、となると、ドイツ語のサイトにあたるのが一番です。

ここで、ブログを書くという目的があるので、「ドイツ語の文章を読むのは面倒だな〜」と思っても、がんばれます!

しかも、不特定多数が読むブログに書く、となると、「この単語の意味、合っているかな?」と自分の語学に自信がなくなったら、調べよう!と思います。

あやふやな知識ではブログは書けません。

孤独を感じる時間が減る

最近はネットが普及したので、ネットサーフィンしていれば時間が過ぎてしまう、とか、SNSで充分!という人も多いかと思いますが、やはり海外に住んでいると、母国に住んでいる時より、孤独を感じる事も多いと思います。

長年住んでも、家族がドイツ人でも、ドイツ人の友人がいても、なんとなく、「ここは外国」という感じは拭えません。(そうでない人もいるでしょうが)

SNSでコンタクトを取れる、とはいえ、実際に日本の友達や家族に会う事はできません。日本に住んでいる友人同志が一緒に楽しんでいることを見て、余計に寂しくなるかもしれません。

しかも、暗い時間の長い冬など、家に閉じこもる時間が長くなり、精神衛生上もあまりよくありません。

そんな時はブログをせっせと書いていれば「孤独であった」事も忘れてしまいます。

嫌な事があっても、くよくよと悩む時間が減る

「孤独を感じる時間が減る」と同じですが、外国暮らしをしていると、嬉しい事も多いですが、嫌な事、理不尽な扱いを受ける事、などもよくあります。

悩んでも仕方ないけれど、「こんな国に住まなくてはいけないなんて」と思う人もいるかも、ですね。(以前より少なくなったかと思いますが)

そう言った「鬱」になりそうな時は、何か書いて、自分の心の整理を整理したり、あるいは好きな分野の事をブログに書く事で、嫌な事を忘れる事ができるかもしれません。

日本とコンタクトが取れる、日本から(仕事など)オファーが来るかもしれない

自分から何か情報を発信していると、日本に住んでいる人の目にも留まります。

以前は、ドイツの片田舎に住んでいて、有名人でもない私には、日本の知人や家族、親戚以外で私の存在を知る人がいるなんて、考えられなかったものです。

ところが、ネットのおかげで、ブログを通じてコンタクト、そしてオファーが来る事が、この弱小ブログ経由でもあるのです。

もちろん、詐欺のようなオファーもあるので、それは気をつけなければなりませんが、ちゃんとしたオファーもあります。

実際、我が家のウサギがウサギ専門誌、「うさぎの時間」に載りました!

「ちょっとお知らせ!私たち、雑誌に載ったのよ!」

ネットスキルが上がる

これは海外在住でなくても同じですが、ブログを書いているとネットスキルも上がります。

海外に住んでいても、今や日本の企業などの仕事を請け負う事ができる時代です。

海外だと、実際に会社に赴いてする仕事には限度があります。しかし、ネットを使えば、海外在住でも可能な在宅ワークもあります。

私は特にコンピューターに強い訳ではなく、周りにもPCに詳しい人がいないのですが、ブログを書いているうちに多少の知識は持てるようになり、簡単なWEBの仕事は出来るようになりました。

私がブログを始めたきっかけは足の骨折でした。骨折して歩けなくなり、しばらく1人で家に籠もっていました。椅子に長時間座る事はできましたが、家事はできず。出来る事はパソコンを使って何かする事と読書くらい。

SNSを見ていても「あ・・足を怪我していなかったら私もここにいたのに!」と思う事もあり、寂しく、あまり面白くなかったので、自分の記録代わりにブログを始めました。それが面白く、しかも、怠けていた(日常生活では困らないので特に勉強を継続していなかった)ドイツ語のブラッシュアップにもなる事に気がつき、ブログの世界にのめりこんでいったのです。

正直、ブログを書くのに、かなりの時間を取られますが、これまで知らなかった世界。人生が変わった!と言っても過言ではないでしょう。(他の人もよく言っていますが・・・)

ブログを書く事は、ドイツ語だけではなく、日本語の勉強にもなっていますよ。(長年ドイツに住んでいるので、日本語の文章は書けても、物などの名称が日本語ではわからない事があって、ネットで調べて書いています!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました