ドイツ移住するならしっかり目的を持って、逃げるだけで来るのか、よく考えた方がいいと思う

雑記

ドイツに住み始めて、気がついたら30年たっていたshirousagiです。

ドイツに来た当時は1年間だけ滞在予定で、それがいつの間にか30年に伸びていました!いや〜〜時間がたつのは早いですね。

この30年の間にドイツも日本も様子が随分変わりましたね。

私がドイツに来た当時は、まだ日独間では「ワーキングホリデー」の協定はありませんでした。ドイツに滞在しようと思えば、学校入学の許可を持っている、か、仕事が見つかって、契約も済ませている、などでないとビザは降りなかったものです。

私は運がよかったのか、ちょうどビザが取れやすい時期にドイツに渡り、語学学校の世話で簡単にビザを取りました。その後のビザ延長、語学学校を離れたからも、実はほとんど問題なくビザを延長し、現在は永住ビザです。

ですが、その数年後にドイツに移住しようとした友人の中には、なかなかビザが取れず、観光ビザで入国しては、期限内に日本へ帰り、また観光でドイツへ、をビザ取得できるまで繰り返した人もいます。

現在はとりあえずワーキングホリデービザでドイツに来て、アルバイトをしながら、フルタイムの仕事を探し、ドイツに移住する、という事も可能になりました。

最近、日本では生き辛い、窮屈だ、将来がない、と海外に移住する人が増えているようですね。また、若い人に海外移住を勧めているブログなどをよく目にします。

私はドイツ滞在期間が長すぎて、もはや「日本に住むと窮屈だったっけ?」と考えるくらい、日本の現状に少々疎くなってしまいました。

が、日本を脱出した方が良い、という意見がわからないでもありません。まあ、実際、自分も日本からドイツに出てきて、これだけの長期間、外国暮らしをしているのですから。

日本を出て海外に、となると、日本より生活費の安い、そして、現在、伸びている国への移住を考えている人が多いのだろうと思いますが、ヨーロッパを、とりわけ、ここ、デュッセルドルフとその周辺も、日本人が多いので、移住先に選ぶ人もいるようです。

確かに、ここは集中して日本人が住んでいるので、あまりドイツ語がわからなくてもなんとか生活していけます。ですが、それゆえ、気楽に「逃亡先」になっている感じがします。

30年前から、現在でも、ドイツに住んでいる、というと、

「まあ、いいわね!ドイツに住むなんて、憧れるわ!」という人が結構多いのですね。

外国生活への憧れや、日本から逃げたい!という(だけ)でドイツに移住をしよう、と考えている人には、ちょっと待って!外国暮らしってそれほど簡単ではないのよ!と言いたいのです。

  • 自由だけれど、全て自分のすることは自分で責任を負う覚悟
  • 情報は自分で積極的に探す
  • 語学学習を怠らない
  • 目的を持って、目的に向かって努力する

就職、結婚、あるいは留学と目的は違っても、ドイツに住む(海外に住む)となると、自分で行動する力は必要です。

単なる逃げでやってきて、現地の日本人ばかりと付き合い、語学学習はせず、何をやり遂げたいか目的がない、と

人生がうまく行かないのは、何事も他人のせい、ドイツのせい、と言うばかりで、いつまでたっても「不幸感」いっぱいの生活を送っている日本人を何人か見てしまったので・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました