【シンプルライフ】カーテンを外しました

カーテン シンプルライフ
この記事は約3分で読めます。

掃除が嫌い、という理由で、生活は便利に楽しく、でも掃除をあまりせずにすむように物を少なくしたい、と思っているshirousagiです。

よく、ミニマリストさんはカーテンをかけていない、という話を聞きますが、最近のドイツでは窓に昔からの「カーテン」をかけない家が増えました。この記事の中でも少し紹介しました。

我が家も窓にかかっているカーテンを少なくしているのですが、今週はリビングにかかっていたカーテンの一部を外しました!

30年くらい前までのドイツの家というと、窓辺は綺麗に、カーテンもプライバシーを守るためのレースのカーテン、それから窓枠をデコレーションするためのカーテン、この2種類をそれぞれも窓につけるのが普通でした。

それで、我が家のリビングのカーテンも2重のカーテンレールをつけています。

レースのカーテンも窓枠を飾るカーテンも白色なのでわかりにくいですが、我が家のリビングのカーテンはこのように2重になっていました。

このうち、この窓の外はテラスなので、テラスからリビング内が丸見えにならないように、レースのカーテンは残しましたが、ただ下げているだけのもう一つのカーテン(一応、遮光にはなりますが)を外しました。

こちらはリビングのもう一つの(反対側にある)窓。こちらのカーテンも2重だったのを1つにしました。

外す前は「窓枠が隠れるようにあるカーテンを外すと、変かなあ??」と心配だったのですが、外したら・・カーテンが2重になっていた時より明るい!それにレースのカーテンの端が見えてもおかしくありません。

リビングだけに、他人が入ってくるので外見を気にしていたのですが、それは不要でした。

また、キッチンの窓には「Scheibengardine」とか「Bistrogardine」と呼ばれるカーテンをかけていたのです。

これがScheibengardineと呼ばれるカーテン

キッチンの窓の外は我が家の庭。その先は生垣で他人に中を覗かれる心配もないので、思い切って、カーテンはなし!にしました。

すると・・・

毎日、キッチン仕事をしながら、あるいは食事中に外の風景が眺められたり、空模様が眺められたり、とても気持ちが良いことを発見!

キッチンからの眺め

我が家の先は畑と森なので、自然が楽しめます。

以前、友人に「窓際に鉢植えとか飾ったら?」なんて言われたことがあるのですが、カーテンを外すと自然がいっぱいで、装飾品なんていらないじゃん、と思ってしまいました。毎朝日が登るのを眺めながら朝食をとっていますよ。

もっと早くカーテンを外せばよかった!

コメント

タイトルとURLをコピーしました