コロナ対策で今、友達とBBQをしたら250€の罰金ですよ

ニュースより
Karolina GrabowskaによるPixabayからの画像

新型コロナウイルス感染者がまだまだ増え続けているドイツです。

特にここノルトライン=ヴェストファーレン州はドイツでも感染者数が最多。(涙)

ドイツ国内感染が始まったのはこの州のハインスベルク郡。ここは計算上、住民の244人に1人が感染している事になっています。

ドイツ全土では100万人に391人が感染している、と言うデータがあるのに。(3月24日現在)

10年くらい前までこのハインスベルク郡のある村に仕事に出かけていたので、知り合いがいるのですが、どうしているのかな?ちょっと気になります。

さて、今週月曜日から施行されているコロナ対策の規則ですが、違反した場合の罰金が決まった様です。

州によって違うようですが、ここノルトライン=ヴェストファーレン州は以下の通り。(決定したものの一部)

  • 病院や老人ホームなどに住んでいる人の見舞いに行く・・・200ユーロ
  • 講演会などの催し物に参加する・・・400ユーロ
  • スポーツイベントに参加する・・・250ユーロ
  • レストラン、カフェの飲食物をその店から半径50m以内で飲食する・・・200ユーロ(レストランなどはその場で食べるのは禁止ですが、テイクアウトで自宅で食べるのはOKです)
  • ショッピングセンターで、特別に営業して良い、と言うお店以外で買い物をする、また、許可された行動以外の事をする・・・400ユーロ
  • (家族や同居人以外で)3人以上で集まる・・・200ユーロ
  • 公の場でピクニックやバーベキューをする・・・250ユーロ

(1ユーロは120円として200ユーロだと24,000円です)

また、主宰者などが払う場合では

  • コンサートやオペラ、博物館などを営業すると5000ユーロの罰金(開催すると決めた人が払う)
  • 市民学校や音楽教室を開講すると・・・2500ユーロ
  • プールを営業したら・・・5000ユーロ

などなど。

先日は日本でK-1の格闘技イベントが開催されて話題になっていましたが、日本はおそらくどれも「自粛」であって、「禁止」ではないのですよね?

このK-1がドイツで開かれたとしたら・・・主催者も罰金、参加した人も罰金を払う事になります。

コンサートなども「やるべきか、やめておくべきか??」と悩むスキも暇もありません。禁止です!

悩やむ必要がないから良いのか悪いのか?

ところで、ここデュッセルドルフで毎年5月頃に開催されていた「日本デー」が、今年は5月16日の予定だったのですが、中止になりました。

毎年の様に出かけていて、今年も行こう、と楽しみにしていたのに。

オリンピックも開催延期になりましたね。

実は私は今年は1月からずっと病気がちだったのです。なので、今年はとにかく人生を振り返って考えて、来年からは元気でフル操業できるように、との天からのお達しかと思っていました。

そうしたら、このコロナ騒動です。

無事に乗り切ったその先は「復活」が待っているんだ、と、イースター復活祭を前に早くも来年に期待しているshirousagiです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました