落ち葉掃除にこれを使わない方がいいの?〜落ち葉の季節になりました

ドイツってこんな国!?
この記事は約3分で読めます。

秋ですね。

田舎に住む我が家としては、毎年10月11月には大変な仕事があります。

それが・・・落ち葉掃除!

家の前や庭に生えている木々を見て、夏にはすでにため息をついてしまうshirousagi。

shirousagi
shirousagi

木にはこんなに葉っぱがついているけれど、

これが秋になったら全部落ちるのか・・・

これは家の前に立つ樫の木の4月の様子。新緑でいっぱいで嬉しい反面、この時すでに秋が怖い!

スポンサーリンク

落ち葉掃除に使う道具

文句を言っても始まりません。広葉樹の葉は秋になったら落下する。

玄関前や庭の芝生の上に、落ち葉を放置しておくわけにもいかないので、せっせと落ち葉を集めます。

落ち葉集めに使う道具といったら、これです。

ほうき(箒)

箒と熊手

まずはほうき。

玄関前のインターロッキングブロック(石畳みたいな地面の舗装)のところや庭のテラスの上に積もる落ち葉はこれで掃除します。

くまで(熊手)

庭の芝生とか、土の上に積もる落ち葉は、これで芝生を傷めないように集めます。

ブロワー(ブロアー)

最後に挙げたい、落ち葉掃除の道具といえば、「ブロワー(ブロアー)

我が家の初代のブロワーはこれ。(故障してしまって、今は使えない)

ブロワー

風を起こして落ち葉を集めることが出来るものですが、吸い込むこともできるブロワーもあります。

街路樹のあるところとか、木々の生えている公園などで、市の委託業者などがよく落ち葉掃除に使っているのを見かけます。

大量の落ち葉を集めるのに、箒や熊手だけでは・・・肩がこる!(のは、非力な私だけか?)

何しろ、落ち葉と言うものはあちこちにまんべんなく散らかる!

これは・・・地面一面落ち葉!

ちょっとした玄関の端っこなど、箒が届かないようなところにも、葉っぱは遠慮なく落ちる!

この大量に、遠慮なく落ちる葉っぱを集めるにはブロワーはとても便利です。

なのですが・・・

ブロワーは環境にも人間にも良くないから使わない方が良い?

ブロワーを使うのはやめよう!という動きもあるのですよ。(禁止ではありません)

ブロワーを使うデメリットは

  • うるさい!100デジベルにも及ぶ騒音を出すものも
  • 吹き付ける風が強くて、昆虫など小さな生き物を殺してしまう
  • 車の交通量の多い場所で使うと、地面に溜まった粉塵が空中に舞う

などなど。

100デジベルの騒音って、「極めてうるさい」という騒音で、電車が通る時のガード下くらいの音です。

長時間聞いていると、聴覚がだめになりそうですよね。

風が強かった日の翌日は、ありがたいかも

いくらブロワーが健康にも良くない、と言っても、大量の落ち葉を前にすると、ブロワーに助けてもらいたい!

そんな先週日曜日は風がとても強かった。

風が吹いて・・・落ち葉が集まっている!(人間は何もしてないのに)

いつもなら、インターロッキングブロックの地面が見えないほど、落ち葉が散らかっているのに、この日は掃除前でこの状態!

車横のここにも落ち葉は集合していた!

これなら、あとは箒とちりとりで集めるだけ。散らかる前にさっさと集めよう。

これがこれを書いている現在の家の前の樫の木です。

まだまだ葉っぱがあります。ついています。これ、全部この秋に落下するのですけど・・・(掃除が・・・辛い!)

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

いつも応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました