私が結婚した当時、日本で指輪をするのをためらったわけ〜ドイツの習慣はこれ

ドイツってこんな国!?
この記事は約3分で読めます。

先週、日本でとても悲しい事件が起きてしまいました。

この事はドイツのニュースでもトップで扱われるほど。

あの日、朝起きて、何気なくスマホでニュースサイトを見た時、何が書いているのか信じられなくて、すぐには理解出来ませんでした。

で、この事件で再び耳にした、とある新興宗教の名前。

そういえば、かれこれ30年前。ある(その)新興宗教が日本で話題になったことがあったのです。

そして、そのおかげで、私は自分がしていた結婚指輪を、日本帰国時は隠そうかな、と思っていたのでした。

スポンサーリンク

ドイツの結婚指輪

実は私は、現在は指輪をしていません。

shirousagi
shirousagi

だって、素敵な殿方と知り合いたいから、フリーのフリをしているんだもん!

本当は、ピアノを弾いたり家事をするのに、指輪が邪魔だから、です。

人によって違うけれど、私は体にアクセサリーがついているのを負担に思うタイプ。

指輪をしていると、無意識に外してしまうのです。だったらしない方がいいよね。

shirousagi
shirousagi

この年でも、素敵な出会いがあるかもしれないじゃん〜(こら!)

結婚指輪でよく使われていた333

とは言え、私だって、結婚した当初は嬉しそうに指輪をしていたんですよね。

その指輪、ドイツでは普通に平凡な

ゴールド333の指輪だったのです。

shirousagi
shirousagi

Gold333と言うのは、33.3%が純金でできている金、と言うことなの。

日本だと金の純度はカラットで表すことが多いわよね

金のジュエリーだと333とか585が多かったなあ〜333は8K(カラット)、585は14カラットに相当します。

ゴールドのジュエリーって、日本だと18金、18カラットが多い気がするけれど、私がもらった指輪は8金(これでも当時は普通だった)

shirousagi
shirousagi

18金に相当するのはGold750よね。最近はよく見かけるわ

婚約時は左手、結婚したら右手

その結婚指輪ですが、貰うのは婚約時。その時は左手の薬指にします。

その指輪、結婚すると右手の薬指にします。

婚約する時に指輪を買えば、そのまま結婚指輪になるって、経済的!

shirousagi
shirousagi

調べてみたら、右手には「正義」と言う意味があり、薬指には「愛情」と言う意味があるから、

とあったけれど、

実際にドイツ人にこの意味を聞いたことがないので、正確かどうか不明です。

多分、ドイツ人にとっては、これが常識だから(結婚したら右手薬指に指輪する)と思っていて、理由は知らない人が多い気がするけれどね

私が30年前に日本では結婚指輪をしたくなかった理由

指輪(Gold333)

・・・と言っても、指輪をしていましたが。

30年前に「合同結婚式」に芸能人が参加したために、あの宗教がマスコミでかなりの話題になり、「18金ではなくて、14金の指輪で、右手にする」と報道されたのです。

日本では多くの人の結婚指輪は18金、そしてつけるのは左手ですよね。

なのに、私は

「純金の含有量が日本で一般的な18金の指輪より低い333の指輪を右手にしている」だったので

「これは・・・あの宗教の信者と勘違いされると嫌だな〜」とちょっぴり思ったから、なのでした。

shirousagi
shirousagi

と言いつつ、実はあまり気にしていなくて、

指輪を外して、無くしてしまったら嫌だったから、

一時帰国中、ずっとしていたけれどね。

今回の出来事で報じられたことから、ふと昔のことを思い出したのでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました