日本のテレビ番組を見るアプリ「KaitekiTV」を1か月使ってみた

雑記
この記事は約5分で読めます。

海外に住んでいると、普通は日本のテレビ番組を見ることは出来ません。

とはいえ、全く不可能ではなく、

  • VPNを契約して日本からアクセスしていることにする(すると日本国内でしかアクセス出来ないサイトを見ることが出来ます)
  • 日本語放送(JSTV)を契約する
  • KaitekiTVなど日本のテレビ番組が見れるサービスを利用する

と言った方法があります。

先日、簡単に日本のテレビ番組を見る方法として「KaitekiTV」を紹介しました。

今回はこの「KaitekiTV」の1か月プランを契約して、利用してみた私の感想を紹介します。

スポンサーリンク

KaitekiTVを使ったメリット

日本に住んでいた頃はあまりテレビを見ていません。特にドラマは全く見ていなかったのです。

ドイツに来てからも、「ドイツ語の勉強のため」以外ではほとんどドイツのテレビ番組を見ていない私です。

が、実は、ネットが普及するまでは日本語放送のJSTVを契約していました。

それくらい、ドイツ生活の中で、日本語に触れられるのがとても嬉しかったのです。

ネットが普及して、YouTubeなどの動画サイトで日本語の動画を見ることが簡単にできるようになってからは、日本語放送は解約。VPNも契約していませんが、特に日本語での情報には飢えていなかった私です。

そんな私が感じた「KaitekiTV」を使ったメリットは以下の通り。

  • スマホやタブレットのアプリの方を契約しているので、家族に遠慮せず、1人で日本語のテレビ番組を見たい時に簡単に見れる
  • 4週間分の過去の番組が視聴できるので、時差の問題は全くない。ダウンロードも必要なし。
  • とはいえ、ダウンロードもできるので、ネット環境のないところに行く前に見たい番組をダウンロードしておけば、ネットがなくてもテレビ番組を視聴することができる。
  • 解約するまで毎月の料金が発生するサブスクシステムではないので、自動引き落としがなく、うっかり料金を払い続けてしまう心配がない。
    (1か月プランを契約すると、契約期間が終了する1か月後の前日にお知らせのメールが届き、支払いをしなければ自動的に視聴出来なくなる)
  • ↑の料金システムなので、一時帰国などで長期間日本のテレビ番組を見るサービスが必要なくなっても安心。
  • 支払いもアプリ上で済ませられる

KaitekiTVを使ったデメリット

テレビ漬けになってしまう、という件は除いて・・・

  • 動画であるがゆえ、ネット環境が悪いとスムーズに見れないことがたまにある(そんな時はダウンロードしてから見るのがおすすめ)
  • リアルタイムで見れるけれど、(私のいる地域では)実際の時間より約3分遅れる(仕方ないかな)
  • 過去番組を見ていると、最後の1~2分が切れてしまって、次の番組の枠に入っている(少々手間がかかりますが、番組の最後まで見ることは出来ます)

衛星放送の日本語放送を契約して視聴していた私にとっては、どれも「仕方ないなあ」というレベルの不自由さです。

shirousagi
shirousagi

本当に便利な世の中になったものよね。

私のテレビとの付き合い方

この1か月、しっかり日本語のテレビ番組を観ていた私ですが、実は「テレビを見るのはやめたら?」と、何度かこのブログでも書いています。

それは、テレビのニュース・情報番組を見て、それを信じてしまうのは危険だと思うから。

特にこの3年間の感染症に関しては、(実際には私は日本のテレビのニュース番組を見ていないのですが)かなり大袈裟なネガティブな表現がテレビでは使われていたようです。

実際、私の友人の1人はメンタルをやられました。

私がドイツの大衆紙を読まない理由〜テレビの(新型肺炎関係)ニュースを聞く時は冷静に判断しよう!

ニュースは見ない、ニュースは聞かない〜NEWS DIETはオススメ

テレビでも動画サイトでも、視聴率、視聴回数を増やすためには大袈裟な発言やネガティブな情報を流します。

それでもテレビ番組にも良い点もあります。

海外暮らし、毎日現地の人に囲まれて、外国語を駆使して生活しているとストレスがmaxになることもありますよね。

何年暮らしても外国は外国。そして自分は現地では外国人。

理不尽な差別にあったり、言葉がうまく通じなかったり、相手のいうことが100%理解出来なかったり。

そんな時は逃げてもいいではないですか?

そんな私のドイツ暮らしでの日本のテレビ番組との付き合い方は

  • 日本語の日本らしいドラマを見て、その世界にはまり込む
  • 日本人のセンスならではのバラエティー番組を見てストレス解消する
  • YouTubeなど個人で作る動画では出来ない、テレビ局制作ならではのスケールの大きなものや、大がかりな調査が必要なものを見て、知識を得る
  • テレビではなくアプリで見るので、つけっ放しにしない(視聴する番組は選ぶ)ダラダラと見ない
  • ネットや本で得た情報が、テレビ番組ではどのように扱われているのか参考にする

どんなものにもメリット、デメリットがありますよね。

特に情報を得る時は(テレビ、ラジオ、新聞、本、ネット・・・)得た情報を鵜呑みにせず、他の情報源にもあたって、自分なりに正しいか判断するのが大事だと思うのですよ。

そして、テレビ番組もストレス解消や人生を楽しくするのなら、利用しない手はないですよね。

==============

12月18日までに契約すると1か月分無料延長で見れるキャンペーン中です。W杯は残念だったけれど。

(12月18日までに本契約をして料金を支払った人対象です)

KaitekiTVが気になる方は1週間のトライアルがおすすめです。

shirousagi
shirousagi

それにしても、日本のテレビドラマをたくさん見た1か月だったわ

(実際には私も「1か月プレゼント」をもらっているので2か月目に入っています)

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました