ニュースは見ない、ニュースは聞かない〜NEWS DIETはオススメ

読書
この記事は約6分で読めます。

まだまだ続くコロナ禍ですが、ワクチン接種完了者が増えて、少しづつ自由な日常を取り戻しつつあるこの頃。

以前、この新型コロナ感染で、心身ともに元気に過ごすために気をつけている2つのことを書きました。

その2つとはこれ。

  1. 自然に触れる
  2. (特にテレビの)ニュースを見ない
スポンサーリンク

ニュースダイエットをしよう

先日手にとった本です。

News Diet | ロルフ・ドベリ, 安原 実津 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon
Amazonでロルフ・ドベリ, 安原 実津のNews Diet。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

News Diet(ニュースダイエット)とはニュース断ちをすること。

テレビやネットなどのニュース、ここでは最新の出来事を素早く発信する短い記事を読むのをやめよう!

ということです。

この本の著者、ロルフ・ドベリ氏は先ほどあげた記事で紹介した本「Think Smart」の著者でもあり、「Think Smart」でもニュースダイエットを進めておられます。

Think Smart 間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法 | ロルフ・ドベリ, 安原実津 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでロルフ・ドベリ, 安原実津のThink Smart 間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法。アマゾンならポイント還元本が多数。ロルフ・ドベリ, 安原実津作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またThink Smart 間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法もアマゾン配送商品...

私はこの「Think. Smart」で

統計を見ても人間の心は動かないが、人間は、特に亡くなった人は私たちの感情を大きく動かす

これを読んだ時に、コロナ禍の報道は感情に訴えかけてくるものが多くて、だからパニックになる人が多いのか・・・

テレビのニュース番組を見るのはやめた方がいいな、と思ったのです。

が、「ニュース断ち」は、やりすぎではないの?と思っていました。

全くニュースを消費しないなんて・・・と。

そんな私でも、今回はニュースって、実は人生の役になっていないのだな、と感じました。

ニュースダイエット、決してやりすぎではないのです。

今の情報過多の時代にはおすすめですよ。

ニュースを見ることは大事だと思っていた

テレビのニュースを見たり、新聞を読むことは、特に社会人にとっては大事なことだと教わった、という人はきっと多いですよね。

私も、

  • 日本やドイツや世界で起こっている出来事をできるだけ早く知ること
  • 政府はどんなことをしているのか出来るだけ早く知ること
  • ニュースを聞いて、自分なりに政治などに関して意見を持っておくこと

これらのことは、少なくとも社会人なら、とても大事なことだと思っていました。

ニュースのために有料のテレビ放送を契約していた

毎日の出来事、ニュース番組で流れる内容を知らないと困る!と真剣に思っていた頃。

ニュースソースがドイツ語だけでは、日本の情報が入ってこない、とか、ドイツ語のニュース番組を見るだけでは、きちんと理解出来なかったり、ニュースの内容を誤解してしまうかも!と思った私。

その頃からあった(今もあるけれど)NHKのニュース番組に民放のドラマなども見れる、JSTV(Japan Satellite TV)を

有料で、しかも決して安い出費ではなかったのに

契約していました。

そうです、契約した理由は「ニュースをちゃんと理解して見ておかないと、この世から取り残されてしまう!」

と、思ったから。

実際はドラマなど娯楽番組ばかり見てて、ニュースはあまり見なかったけれど

その当時、

日本の新聞の衛生版を購読するより日本語テレビ放送を契約する方が安いから、

と契約したテレビ放送でしたが、結局あまりニュースを見ることなく、ドキュメンタリー番組、娯楽番組ばかり見ていました。

(何のために契約したのでしょう?)

でも、今振り返ると、ニュースを見ていなくても、何ら困らなかったのです!

ニュース消費は時間の無駄・メンタルにも良くない

最初に「ニュースは全く見なくても困らない」と聞いた時は

いくらなんでも
ニュースを全く見ないなんて、それでは困ってしまう!

こう思っていましたが、振り返ってみると、

  • 日本語放送のTVを契約していてもニュースはほとんど見なかった
  • ドイツ語のテレビ番組はほとんど見なかった
  • 新聞も購読していなかった
  • まだネットはなかった

実はほとんどニュースに触れていないのに、全く困った記憶がありません。

YouTubeで日本語のニュース番組を見て

先日、コロナ関係ニュースとしては初めて、日本のテレビのニュース番組をネットで見ました。

これを見て「あ!『これでは必要以上にコロナは怖い!』と思ってしまう!」と実感しました。

(日本語のニュース番組がドイツのそれに比べて悪いのではありません。私はドイツのテレビニュースは全く見ていません)

出てくる数字は人間のパニックに陥れるものばかり。今回で言えば、感染者が減少したとか、回復した人の数はほとんど報道されず。

ニュースの特徴を実感

ニュースは毒、と「News Diet」の著者のドベリ氏。

テレビやネットのニュース内容は視聴者を得るために

スキャンダラス、インパクトが強いものです。

それらの多くは人々の人生にとって全く必要のないものだとか。

その必要ないニュース消費に、1人1日あたり約60分から90分ほどかけているそうですよ。時間がもったいない〜〜!!

私のニュースとの付き合いかた

とはいえ、私はこのブログのネタをニュースから得ることもあります。

なので、全くニュースサイトを読まないか、というと、そうでもありません。

ニュースは能動的に見る、読む

我が家にはテレビがない、というメリットもあって、

  • テレビのニュースは見ない
  • ラジオは車の運転中に聞いている音楽番組の間に流れるニュースだけ聞いている
  • スマホなどのニュースアプリは消去している
  • SNSで流れるニュースのうち、見出しを見て、実際の生活に役立ちそうなものだけ読む
  • 朝、新聞社のポッドキャストをさらっと聞いて、興味のあるニュースをググって調べる

これで、このブログのネタはカバーできています。

先日の「クリスマスマーケット」の記事もポッドキャストから知って、ググってニュースサイトを読みました。

ニュースは知りたいことをアクティブに取りに行くのがおすすめです。(能動的に)

それから・・・やはりニュースよりも本です、本!

まあ、本を読んだり、ブログを書いたりに忙しくて、毎日1時間以上もニュースなどに触れる時間はないけどね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

(応援クリックをありがとうございます!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました