試験が怖い時はこれを飲んでね

ニュースより

2月ですね。
ドイツの大学生たちは ただいま試験シーズンに入っています。

知り合いに大学に入学して4年、という青年がいるのですが その大学生さん、大学を中退する事にした、と言ってきました。

「え?どうしてやめるの?」
「もう8ゼメスターもやったけど、試験が怖くて受けられない・・」

ドイツの大学は入学は割と簡単ですが、(希望者は誰でも入学できると言うわけではありません) ゼメスターの講義が終わると試験になり、その試験の結果によっては 学部、学科を変更する、退学することになる学生が出るのは 珍しい事ではありません。

人生を左右するかもしれない試験。 当然、受けるのに慎重になりますよね。 「落ちたらどうしよう・・」と怖いですよね。

Prüfungsangst(プリューフングスアングスト)
 Prüfung=試験
 Angst=恐れ
対策には なんと 酸味のある飲み物、食べ物をとると良いですよ! と言う記事が! 

こ、怖いから隠れる!!

イギリスのサセックス大学での実験です。

まずは男女70人に5つの味の飲み物を飲んでもらいます。 その味は

  • 苦い
  • 塩辛い
  • 甘い
  • 酸っぱい
  • 旨味がある

そして、コンピューターゲームをしてもらったのだそうです。 そのゲームとは

  • PCの画面に風船があり、マウスをクリックすると その風船が膨らむ。
  • クリックして風船を膨らませるごとにお金がもらえるが 膨らませすぎて風船が破裂したらお金がもらえなくなる。(ゼロになる)

クリックする時に「ここで風船が膨らむともっとお金がもらえるけれど、膨らませすぎて風船が壊れたら・・・もらえるお金がなくなる。 クリックしようか、それともお金がなくなるのは嫌だから これ以上お金がもらえなくなるけどクリックはやめようか・・」勇気が入りますね。

この実験結果では 

クリック数が一番多かったのは酸味のあるドリンクを飲んだ人で39クリック。 これは甘い飲み物や旨味のある飲み物を飲んだ人より39%,40%多かったのだそうです。

同じ実験をベトナム人71人でやっても 同じ結果がでたそうですよ。旨味の味のわかるアジア人でも 同じ。 酸味のあるドリンクを飲んだ人が一番多くクリックしたそうです。

酸味は人を行動的にするようですね。 恐怖に怯えて行動できない人、臆病な人、鬱の人には酸味のあるものをとると良いかも、と研究もあるようです。

インスブルック大学の研究によると 「苦味」は 悪い行動を起こしやすくする働きがあると言う結果があるそうです。 苦いものが好きな人は あまり酸っぱい物を食べると 「悪事を働く行動力」が働きやすくなるかも!? 

酸味とは逆に「甘み」は 慎重になる働きがあるそうです。

この研究についてのニュース記事では最後に筆者がこんな事を言っています。

「ああ、だからコーヒーには甘いお菓子がついてくるんだ。 コーヒーの苦味で 悪い事やってみたくなっても ついてくるお菓子で その気分は抑えられる!」と。

まあ、コーヒーを飲んだからといって 悪人になるわけではないでしょうけどね。

そういえば・・ドイツで人気のグミには 酸っぱい味のものも結構あります。
酸っぱい=sauer
酸っぱくて でも甘いお菓子。 精神上よろしいかも・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました