メディアは悪いニュースばかり流すけれど、こちらはコロナ禍でもみんな楽しそうです!

ドイツの生活

コロナ感染拡大防止のための規制が緩和され、生活が戻りつつあるドイツです。

まだまだ制限は多くて、特にお店や診療所、公共の乗り物に乗る時はマスクなど「口と鼻を覆う」ものをつけていなくてはなりません。

「ソーシャルディスタンス」も守らなくてはなりません。

でも、この2つを守れば、割と行動は自由です。趣味のサークルが再開されない、とか、コンサートやイベントがない、とか、そういった事はありますが。

このマスク着用義務などのコロナ対策を巡って、週末もあちこちでデモがあったようです。

テレビなどではそのデモの様子が報道されていましたが、では、ドイツでは皆、「マスク着用義務反対!」なのかというと・・・

大半の人は別に反対でもなくて、「しかたないよね〜〜」と思っているそうです。

そう、メディアで報道される事は「Die Medien zeigen eben lieber die bad news. 」(Spiegelのコラムから)訳すると「メディアは悪いニュースの方を喜んで報道する」です。(”bad news”なんてまた英語が入っていますよ)

ドイツの人口は8000万人以上ですが、数千人の人がデモでマスク着用反対を訴えているのはニュースになるけれど、残りの8000万人が週末に何をしているかは全く報道されない・・・

そうなのです。でもニュースで報道されると「全ドイツ人がマスク着用義務に反対している」と思ってしまう人がいませんか??

こうしてコロナでパニックになる人が出てくるのですよね。

先週末、列車に乗って友人に会いに行った息子は、「皆、スカーフとか使い捨てマスクとか、布マスクとか適当につけていたけれど、別に誰も気にしていないみたいだった」とか。

社会的距離に関しては「ついつい話に夢中になると、友達との距離が近くなってしまうけれど、それ以外は別に。まあ、森を散歩(人がいない)していたしね。」

お天気の良い週末を楽しんだようです。

今週は屋外プールが解禁され、ホテルやペンションでの旅行者の宿泊も許可されます。

色々規制があるので、営業する方は大変かと思いますが、可能になった、というのは利用したい人にも嬉しいニュースですよね。

夏休みにはアジアやアメリカは無理としても、人気のあるヨーロッパでのバカンスは可能にしよう!という動きがあるし。

さて、これからの生活、私の周りのドイツ人というと、全人口の8000万人からするとほんの一部分なのですが、みなさん、とても穏やかに見えます。

ピアノのレッスンに来られる方は「なくて寂しかったわ」と再開を喜んでいます。

「これからは経済的には今までより貧乏かもしれないけれど、これまでより幸せを感じる生活をする人が増えるかも」

という意見を結構耳にします。

消費消費に踊らされたこれまでの生活から、ゆっくりと穏やかに暮らす。もう時間さえあればショッピングばかりする、という事はなく・・・

みなさんはいかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました