秋ですね、玉ねぎケーキの季節ですね!〜Zwiebelkuchen今回はこのレシピで

Zwiebelkuchen ドイツの食べ物
この記事は約3分で読めます。

秋になると一度は飲みたくなるのが発酵途中のワイン、「Federweißer」(フェーダーヴァイサー)です。

そして、このフェーダーヴァイサーには「玉ねぎケーキ」(Zwiebelkuchen・ツヴィーベルクーヘン)は欠かせません!

今年の秋の1日、玉ねぎケーキを作りました!去年、このブログでこの玉ねぎケーキを紹介しているのですが、今回はちょっと違うレシピ(と言っても根本は同じ)で玉ねぎケーキを焼いたので紹介します!

スポンサーリンク

Zwiebelkuchen(玉ねぎケーキ)

Kuchen=ケーキなので「玉ねぎケーキ」と訳しましたが甘くはありません。ケーキのように小麦粉を使って、ケーキのような形でケーキのようにオーブンで焼くのでKuchen(クーヘン)「ケーキ」と名前がついています。

キッシュのようなものですね!こちらではりっぱな食事(ランチとか夕食とか)にもなります。

玉ねぎケーキの作り方

今回もドイツで普通に使われている天板一枚分です。

なぜか、ドイツのオーブンの天板(Bachblech)の大きさは統一していなくてオーブンによって違いますが、大体縦28-32cm、横37-40cmです。

材料

イースト生地

  • 小麦粉 500g
  • 砂糖 小さじ1
  • 人肌に温めた牛乳 1/8ℓ
  • 生イースト1個(42g・ドライイーストだと2袋分14g)
  • バター 100g
  • 卵 1個
  • 塩 小さじ1

生地に載せる玉ねぎの具

  • 玉ねぎ 大きめのもの8個くらい(約1kg)
  • バター 100g
  • ベーコン角切り 160g
  • サワークリーム 400ml
  • 卵 4個

作り方

1. 小麦粉と塩を混ぜておきます。

2.イーストを砕き、(生イーストはサイコロ状に固めてある)砂糖と牛乳と一緒に混ぜ溶かします。

3.小麦粉に2のイーストの入った牛乳、バター、卵を入れ、よく混ぜます。(ハンドミキサーの Knethakenを使います)

4.よく混ぜて一塊にしたらボールにいれてフキンをかぶせ、暖かいところに大体倍の大きさになるくらい、60分くらい置きます。

5.発酵させている間に玉ねぎをみじん切りにします。

6.フライパンを温めバターを溶かし、みじん切りにした玉ねぎを透明になるくらいまで炒めます。

7.炒めた玉ねぎはフライパンからボールなどに移し、冷まします。角切りのベーコン(Schinkenwürfel)を軽く炒め、玉ねぎと混ぜます。

8.7にサワークリーム(Saure Sahne)と卵をいれ、混ぜます。

(Saure Sahne が家に200gしかなかったので、Schmandを追加しました)

好みで胡椒を少々入れても良いですね!

9.オーブンを200度に温めます。

10.膨らんだイースト生地をもう一度混ぜて、バターを塗った天板(私はクッキングぺーパーを使いました)にひろげます。このレシピだと小麦粉の割に牛乳の量が少ないので、生地がまとまりやすいですが、天板に広げるのが少々大変でした。

1時間放置した生地。ぷっくりと膨らんでいます。これを一度ひとまとめにしてから天板に広げます。

11.10の上に8をのせます。温まったオーブンに入れて約30分。

12.出来上がり!

個人的好みではもっと焼き色をつけた方がよかったな〜と思います。ただ、生地はすっかり色がついて焼けているのでこれ以上オーブンで焼くのはやめました。

焼きたてを・・・ワインと一緒に召し上がれ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました