100捨チャレンジ88〜一輪挿しの花瓶

一輪挿しシンプルライフ
この記事は約2分で読めます。

先月、満開のアマリリスを報告しましたが、先週は2本目のアマリリスが満開でした!

アマリリス

今回は一つの茎に花が6個!花同志が「3密だ!」と訴えているよう(?)です。

花はいいですね!見ていると嬉しくなれます。

といったクリスマス直前の本日手放したものは・・・

一輪挿しの花瓶

はい、一輪挿しの花瓶です、陶芸が趣味の人が作ってくれた花瓶です。

何かのお礼に(もう10年以上前なので詳しくは忘れてしまいました)と知人にいただきました。

せっかくの頂き物。しかもその知人のお手製です。手作りの一輪挿し。

丁寧に作られていて、暖かみのある作品です。

でも・・・実は私は花瓶はガラスが好き。自分の好みではありません。

とはいえ、折角のプレゼント。そう、プレゼント。しかも知人の手作り。

これ、弱いですよね。捨てるのが躊躇われます。しかも、夫はこういった陶器の花瓶が好きなのです。

「私の好みではないけれど、家族が気に入っている(のかどうかわからないけれど、少なくとも陶器は好き)のなら捨てるのはやめておこう」

と我が家の片隅にありました。時々花を生けて使っていました。

ですが、これ、見たらわかる通り、丸い花瓶にとても小さい穴が一つ。お水が入れにくいのです。

穴が小さい(直径5mmくらい)ので、中の掃除もできないのです。

不便・・・不便・・・

花をさすのはやめて、花瓶を一つのオブジェクトとして飾るのはどうか?

と、しばらく飾っていましたが、それも好みではありません。(単なる丸い塊にしか見えない・・・?)

こうしてこの花瓶は

花瓶として使用・・・不便

飾り物として使用・・・好みでない

戸棚の中で保管・・・場所を取っているだけ

誰もこの花瓶の存在について問わない・・・手放そう!

折角の頂き物ですが、折角の手作りですが、もう10年以上たっているし、もらったのは私。

今回のプロジェクトを機会に手放します!作ってくれたLさん、ありがとう!

====

余談だけど、我が家にはまだ花瓶があります。その一つは備前焼の素敵な花瓶です。一輪挿しもあります。

なのに、この一つの一輪挿しを「どうしようかな?使い辛いのだけど捨てるのも・・・」と躊躇っていて、花瓶といえば、頭の中はこの一輪挿しの事ばかり。

この一輪挿しの花瓶を手放して、ふと戸棚を見て見つけた備前焼。

「そうだ、この花瓶の存在、すっかり忘れていた!」

そうなのです、あまり気に入らなかった一つの花瓶に気を取られてしまって、他の花瓶のことをすっかり忘れていたのです!

これからお花を1〜2輪飾る時は備前焼きの花瓶を使おうっと!

コメント

タイトルとURLをコピーしました