リッタースポーツとリンツのZartbitter〜父の日にダークチョコレートを食べる!

チョコレートドイツの食べ物
この記事は約4分で読めます。

つい先日まで肌寒い日が続いていたドイツに住むshirousagiです。

特に仕事部屋の地下室が寒くて寒くて・・・仕事部屋に行く時は

「南極に行ってきます!」

と言って、重装備(上着を一枚引っ掛けて)で出かけた!

あまりの寒さに、ついつい毎晩のように飲んだ「ココア」。

ココアって、体が温まるし、美味しいし、それに・・カカオって食物繊維も含まれていて、健康に良いのですってね!

健康に良いというと、安心して飲食できる!

カカオが健康に良い!ということは

チョコレートもカカオ含有量の高いものは健康に良い

おお、でました!自分に都合の良いことはしっかりと強調する

チョコレート大好きなこの私が、この事実に喜びの舞を踊ったことは明らかです!

というわけで、食べています、チョコレート。

できるだけカカオの含有量の多いものを食べよう、ということで、今回はこのチョコレートをいただきました!

スポンサーリンク

Rittersportおすすめの61%KAKAOKLASSE

まずはあの正方形で注目を浴びるリッタースポーツのチョコレート。

リッタースポーツがカカオ豆にこだわって、ニカラグアとペルー、そしてガーナのカカオ農場と契約して、その農場で採れたカカオで作っているのが「KAKAOKLASSE」(カカオクラッセ)というシリーズのチョコレートだとか。

このシリーズの中でネットで評判が良かったのが、ニカラグアのカカオを使った、カカオ61%のチョコレート。

買ってみました!

チョコレート

何に驚いたかって?

開けてみたら

中を開けたら、チョコレートが1列に5個。それが5列の5×5になっていたこと!

写真はあと2列しかないけど。

普通のリッタースポーツの正方形のチョコレートは4×4で、割りやすいのに、この5×5のは硬いし、割るのに一苦労・・・

はっきり写っている写真が残ってなかったけれど、これだと1列に4個。

板チョコ1枚の大きさはどちらも同じなのに。

で、肝心の味はですね、私は実はビターチョコレートはあまり好きではない・・・

しかもこのチョコはカカオ61%で、ミルクが入っていない・・・

ミルクが入っていないとちょっとパサパサ感があるな〜やっぱ、ミルクチョコが食べたいな〜

ダークチョコ好きには美味しいチョコだと思うけど。

Lindtの期間限定パッケージのZartbitter

お次に食べたのは、私の大好きなチョコレートブランドの「リンツ」のダークチョコレート。

リントのチョコレート

パッケージが1879年のデザインですって。

1879年ということは、リンツの会社が今の形(Lindt&Sprüngli)になる前かな?

いずれにしてもスイスのチョコレートブランドですね。

箱の中は最近少なくなってきた、銀紙に包まれたチョコレート。

こちらはカカオ含有量は52%以上ということで、ダークチョコレートとしてはカカオの量がそれほど多くはないけれど、やはりミルクチョコレートではないので、少々重い感じ。

少しパサパサする感じ。少しで満腹感。(食べすぎないからOK)

ところで、ダークチョコレート、一口にいっても色々な種類があるけれど、

  • Zartbitter (ツァートビター)がカカオ50〜70%
  • Bitter (ビター)だとカカオ70%以上でミルクが入っていない

のですって。

カカオ70%以下でも「ちょと苦いな〜〜ミルクチョコ食べたいな〜」と思ってしまう、甘党なshirousagiだけど、実は今、一度食べてみたい!と思っているのは

カカオ100%のチョコ!

リッタースポーツでも100%のチョコ(と言ってはいけないチョコ)があるのだけど、リンツの100%、これを先日スーパーで見かけたのよね。

今度、チャレンジしようかな?

と、苦いチョコを食べた本日はドイツは「父の日」!(ドイツの父の日は祝日「キリスト昇天祭」、でもって、今年2021年は5月13日)

ビターなダークチョコというと男性で好きな人が多い、というイメージだわね。

我が家の父親業を営んでいる人にも、ダークチョコをプレゼントするかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました