バスの運賃が15年以上値上がりしなかったのを喜んだけれど

バスドイツの交通
この記事は約3分で読めます。

先日、日本が安いという記事を書きました。

日本が大好きなので言います〜「おもてなし」で騒ぐより、値段が安いのに危機感を持って欲しい

ほんと、考えたら日本の物価ってあがっていないですよね?お給料が下がっていなければ、それはそれで良いですが・・・

スポンサーリンク

バスの運賃が長年値上げされなかった

物価が上がっていない、で、ふと思い出したのは「バスの運賃」なのです。

私は年に1回くらい日本に一時帰国するのですが、(今は無理だけど・・・残念)その際、ここ20年ほど、岐阜県の山奥まで出かけています。

その時は、車はないし、日本の運転免許証も更新していないので、公共の乗り物を使うしかないのです。

なので、毎年、バスを使っています。

で、ですよ、そのバスの運賃、最後に利用した時は(確か2018年)値上げしていたと思うのですが、少なくとも2000年から15年間くらいは全く値上げをしていなかったのです。

もしかしたら1995年から利用したので、20年かも。

イギリスのバスだけど

毎年、1年ぶりに利用するから運賃は上がっているだろうな〜〜と思いながら、目的地に着く寸前に運賃表を見たら、「去年と一緒!わ〜〜い!」

毎年、驚くほど値上げたドイツの公共交通運賃

だってね、

20年くらい前までは、私は車を持っていなかったので、ドイツで公共の乗り物を使っていたのです。

定期券を購入していたのだけど、

バスの運賃は毎年1月に値上がり

していたのですよ。

車を購入した後も、駐車場が見つかりにくいところなどに出かけるのに、バスや地下鉄の回数券を買っていました。

運賃が毎年1月に値上がりするから、その前の12月末までに買った回数券は値上げした年の3月まで有効、それ以降は無効になっていたんです。(手数料払えば交換してくれたけれど)

なので、たまにバスのチケットを買う時、

「回数券(4回)買っても大丈夫かな?使うかな?」とじっくり考えてから買っていたのです。

ひどい時など年に2回値上げ!した時があったと記憶してる・・・

そりゃね、ドイツの公共の乗り物は使い勝手が悪いから、大都市から離れると使う人は少ないけれど、でも、ここまで値上げするか!?と。

値上げしなくて大丈夫だったのかな?

それなのに、日本に帰って、毎年利用するバス路線に乗ると、運賃は変わってない!

「すごいね〜〜日本。この路線、ここ10年以上値上げしてないじゃん!」

と感動して妹に伝えたら・・・

「でもねえ、大丈夫かな?この路線。値上げしてもいいから、廃止しないでほしいのだけど」

そ、そうかあ・・・もしかして赤字かな?

そうだよね、ここまで値上げせずに頑張るのはいいけれど、息絶えてもらったら・・・困る!困るんです!

50円でも100円でも、値上げしていいから継続して運行してよ!

客のために値上げしない、って嬉しいけれど、頑張ったあげく、廃止になったら、車を持っていない、運転出来ない人は困ってしまいます!

ドイツでは、毎年値上げしている、と書いたけれど、先日、久しぶりに1年くらい前に買った回数券、まだ使うことができるか、市内交通の運賃を調べたら

・・・値上げしていなかった!

コロナ禍で運賃どころの騒ぎじゃなかったからかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました