私の節約失敗談②〜ポイントカードはお得ではない!

経済・お金
この記事は約3分で読めます。
shirousagi
shirousagi

shirousagi(しろうさぎ)です。
ドイツに住んで早くも30年以上!

ピアノを教えながら、主婦業をせっせとやっています。
詳しくはプロフィールをみてね!

1円(ドイツに住んでいるから1セント)でも安く買い物をするんだ!

が、人生のクレド(信条、行動指針)だったshirousagiです。

今の私だったら、

「アホか!」

と自分を殴りたいけれど。

そんな私の節約失敗談その2は・・・ポイントカードです。

ポイントカードは囲い込み商法で、実はお得にはならないのですよね。

スポンサーリンク

節約失敗談・その2〜ポイントを貯めるのに必死になった

ポイントカードについては以前一度書きましたが

私がドイツに来たばかりの頃は、日本ではすでにあったサービスでも、ドイツでは見かけなかったと記憶しています。

が、主婦なりたての頃、見つけたんですよね。

近所にあった(その頃は街のど真ん中のアパート暮らし←ドイツは住居は郊外が人気)デパートがポイントカードを発行し始めたのです。

まだ車を持っていなかったので、近所のデパート(といっても高級でなくて、庶民的な店)で買い物をすることが多かった私は

おお〜〜ポイントカードがある!早速手続きしてポイント貯めよう!

ポイントを貯めるためにせっせと同じお店で買い物した

はい、見事に

どうせ買い物をするなら、このデパートで買おう!」と

ポイントカードの「囲い込み商法」罠に見事にかかってしまいました。

20分も歩けばディスカウントスーパーがあるのに、歩いて5分のデパート(日本のデパートとドイツのデパートはちょっと違って、ドイツのデパートはあまり高級でない)でお買い物。

その時は赤ちゃんがいたから、お散歩がてらベビーカーを押して、テクテク歩いて、ディスカウントストアに行けばよかったのにね。(専業主婦だった)

食料品も売っていたそのデパートで、スーパーより1~2セント(2円くらい)高くても、ポイントたまるから多少は高くてもいいや、という思考。

しかも、キッチングッズなどまでそのデパートで買っていたのです。デパートで売っているキッチングッズは有名メーカーのものばかり。

キッチングッズとかはディスカウントストアのプライベートブランドのものを買えばよかったのに。(しかも商品の質がほとんど変わらない、という有様だった)

ポイントカードを作った時は「家から一番近いお店だし、たとえポイントがつかなくても、このお店で買い物するから、ポイントカードを作った方がお得!」と信じていたのですよ。

でも、実際は・・・

別のお店に行くチャンスがあっても「ポイントが貯まる方が得だから」と

ポイントカードのあるお店へ行くことが激増!

・・・だめだわ、節約になってない!

現在の私のお財布には、ポイントカードが1枚入っています。

1つのお店に限定されているものではなくて、日本のTカードみたいな共通ポイントカードです。

でも、最近はネットスーパー利用で、ほとんどポイントカードを使いません。

ただ、近所のガソリンスタンドも契約しているカードだから、給油の度にポイントつけてもらっている、と、オンラインで買い物する時に自動でポイントが付く、くらいかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました