私の節約失敗談③〜クーポンをもらうのは危険だった!

経済・お金
この記事は約3分で読めます。
shirousagi
shirousagi

shirousagi(しろうさぎ)です。
ドイツに住んで早くも30年以上!

ピアノを教えながら、主婦業をせっせとやっています。
詳しくはプロフィールをみてね!

節約にかけてはプロ並み!と自負しているshirousagiですが、

実は過去に何度も失敗しました。また、「これは節約になる!」と思ってしたけれど、後でよく考えたら、

全く節約になっていない!むしろ無駄遣いをしていた!

という事実が判明したことも!

そんな私の節約失敗談、これまで

を書きました。今回はクーポンです。

スポンサーリンク

節約失敗談・その3〜クーポンをもらって喜んだ!

お店の優待券とか、ありますよね。

私の友人があるスーパーの関係者だったり、お店に勤務していたりして、そのお店の優待券、クーポンをもらったことが何度かあります。

優待券をもらったら「使わないと損!」と思っていた

特に、よく行くスーパーのクーポンをもらった時はとても嬉しくて、

そのクーポンを使わないと損!

とばかりにスーパーへGO!

そのスーパー、食料品以外もなんでも揃っている、というスーパー。

なのですが、クーポンで割引になるのは食料品以外、だったのです。

そこで、クーポンをもらったら、その時とばかりにインナー、ソックス、掃除道具など「まあ、生活に必要だよね。今は充分な数を持っているけれど、いずれは買い替えるよね」と言ったモノを買っていました。

けれどね、今考えると、

無理矢理買った!

あまり質の良くなかったインナーをたくさん買い込んで、無駄だったなあ。

掃除用のスポンジの買いだめも、ストックの増えすぎで困りました。

有効期間内に使わないと!と焦った

ある日、電気ケトルが壊れた時にクーポンをゲット。

2日間だけ有効のクーポンだったから、急いでそのお店に行って、電気ケトルを購入。

・・・まではよかった。けど、あとでamazonで見たら・・・

クーポンで割り引かれた値段より安くて良いメーカーのケトルがあった!(ショック!)

ああ、クーポンを気にしていなければ、もっとじっくり考えてからケトルを購入出来たのに!

クーポン利用で買った電気ケトルは、それほど気に入ったわけでもなかったのに、

「クーポンがあるから」という理由だけで購入したのですよ。

クーポンでも、いずれにしても買おうと思った物がクーポン利用で安くなる、なら使ってもいいですよね。

ただ、クーポンの存在に左右されないのが大事です。(私がクーポンを左右するのだ)

クーポンといえば、IKEA。

以前はバースデーにはレストランで有効のケーキのクーポンだったのに、コロナ禍でレストラン営業が可能かわからないからか、昨年、今年と5ユーロのクーポンでした。

IKEAはいずれにしても頻繁に行って買い物するから嬉しいけど。

で、実は去年の冬にも(バースデー以外で)5ユーロのクーポンをもらったのです。このクーポンはオンラインでは使用不可。

なのに、12月下旬からずっとリアル店舗は半年くらいの間、閉店。

結局、この5ユーロのクーポンは使わないまま。IKEAが営業再開しても、最初は予約をネットで取らないとダメ、とか、色々条件があったので、今年はいまだに1度も行っていません。

そういえば、去年、ケーキのクーポンをもらったら、その直後にレストランが営業不可能になってしまって、そのクーポンは使えなかったっけなあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました